引っ込み思案な社会不安障害を克服したい!わずか1日3分の克服法とは


  • 自分は引っ込み思案である
  • 人前に出ると、なぜかあがってしまう
  • 人からどのように見られているかが、気になってしかたない

気が付くと人間関係に疲れ果て、社会生活が不安定になったり、
仕事上で責任ある立場にたっても逃げてしまう。

不安や緊張が日常生活に及び、
普通に暮らすことが難しくなる状態を社会(社交)不安障害(SAD)と呼びます。

その中でも、「引っ込み思案」な性格も社会不安障害の1種であると言われています。

この記事では、引っ込み思案を引き起こす社会不安障害を
克服する方法についてご紹介していきます。


「引っ込み思案」な性格を形成するのは幼少期のトラブルが原因

「引っ込み思案な性格」だね。周りから言われることもしばしば。

引っ込み思案な性格とは、生まれ持っての性格では、
生まれた環境によって形成される環境要因が大きく関与していると言われています。

幼少時代、周りの友人にからかわれたり、いじめにあったり、
さらには親からも虐待を受けたり。

周りの人間に対する恐怖心や怯えが、成長とともに顕在化され、
「引っ込み思案」という社会不安障害が表に現れてくる。


社会不安障害が引き起こす社会生活上の問題

社会不安障害は、初対面の人に自分から積極的に話しかけられず、
打ち明けるまでに時間がかかるというケースもあります。

子供のころは、周りとの接触を途絶える選択肢も可能であったが、
社会人になると、歓迎会、忘年会、他人と一緒に出張など出掛けなくてはならいない時が増えます。

また、多くの人に挨拶をしなければならい場面が多く、慣れない環境で、
気が動転してしまうこともあるでしょう。


社会不安障害は成長のチャンスも逃すリスクがある

さらに、人に対して不安や緊張、恐怖を覚えると
自分自身が成長する貴重なチャンスを自分から逃がすことにもなってしまいます。

また、人との出会いのきっかけを自ら捨てることにもなり、
社会に出た時に人付き合いや人間関係の構築が上手く出来ないなど問題を抱えるということは、
社会問題の根本とも言えよう。


誰にも知られず1人こっそり出来る社会不安障害を克服する方法があります

引っ込み思案が引き起こす社会不安障害の背景や
問題点、リスクについてご紹介してきました。

自分が社会不安障害であると気づいていないケースもあり、
克服まで時間がかかる場合があります。

社会生活、人間関係で普段と違い、窮屈を覚えたり、
極度の疲労を感じることがあれば、それは「社会不安障害」の恐れがあります。

無理せず、人に相談することをおススメします。

しかし、自分1人でどうにか克服したい!
そんな方に、誰にも知られず自宅で出来る克服法をご紹介します。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の気持ちを落ち着かせるトレーニング法とは?

あなたも、引っ込み思案な性格を克服して、
生き生きとした輝いた人生を取り戻したくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ