人前であがってしまう人の典型例とは?話のネタは1つに絞る!


人前で話している時に
頭が真っ白になって、何を話したらいいのか、
何を話していたのかすら忘れてしまう時、ありませんか?

人前で緊張し、あがってしまうのが原因ですが、
ではなぜ、あがってしまうのか?

その根本的な原因が分からなければ
克服することができません。

あがってしまうのには理由があります。

この記事では、人前であがってしまう理由と
そのあがり症の克服法についてご紹介していきます。


人前であがってしまう理由とは

人前に立つと誰でもあがってしまいます。

あがると人は「早口」になったり、
「間の沈黙」を作りたくないあまり話を途切れさせないことに努力したり、
話すことに集中する傾向になります。

これらあがった時の共通点は、
常にしゃべり続けるということ。

・ガス欠になったら終わりだ
・沈黙になったら終わりだ

つまり、しゃべり続けてしまうのは、
話したい内容をまとめ切れておらず、話の沈黙を恐れ、
話のネタ自体がいくつにも拡散してしまっていることが考えられます。

「話の内容をまとめ切れていない」

ことはあがりと非常に関係してきています。


人前であがらないために話のネタは1つに絞る

コミュニケーションが苦手な人は、1つのネタを話そうとして、
4つも5つも話しはじめてしまいます。

その理由は上述したとおり、沈黙や早口になるあまり、
話を続けるために、いくつものネタを話す傾向があります。

相手に何が言いたいのか伝わらない、自分はそのことに気づいていない。
話がどんどん変わっていき、結局立ち位置が見えなくなっている。

話のネタは1つに絞ること。

2つ以上話してしまうと、相手は何が言いたいのか伝わらなくなります。
言いたいことがまとまっていれば、1つのことで話切れるはずです。

しかし、テーマは1つでもだらだら話したら、何が言いたいか伝わらなくなります。

話のネタは1つに集中し、話す内容をまとめ、
本番に臨むことが大切です。


誰にも知られず1人こっそり出来る人前であがらない方法があります

あがってしまう人の典型例、話のネタについてご紹介してきました。

早口、語尾があやふや、内容がまとまってしない。
これらの話し方はあがっている証拠です。

なかなか自分でも気づかない話し方でもあるため、
あがっている人に助言してあげるのも克服法の1つです。

しかし、自分自身あがり症を克服するとなると
具体的なあがり症克服法が必要になってきます。

その克服法についてご紹介していきます。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の自宅で出来る人前であがらない方法とは?

あなたも、話のネタを1つに絞って、
人前で堂々とした輝いた自分になりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ