あがり症で声の震えを克服する方法があります。


あがり症で声の震えが起きてしまうあなたへ。
声が震えているように思えて緊張してしまい上手く話せないと悩んではいませんか?

しかし、声が震えているように聞こえるのは実はあなただけかもしれません。
あなたが気にする他人、相手は何も気にしていないかもしれません。

声が震える原因から、他人は気にしない理由、
さらに声の震えを克服する方法までご紹介したいと思います。


声の震えを気にするのはあなただけ?

あがり症の人は声の震えに悩みを持つ方が多くいます。
しかし、声の震えは震えているように聞こえているだけで
実は相手には震えているようには聞こえていないことがよくあります。

「声」とは、息で声帯を振動させて出す「音」なので、誰でもビブラートが聞いています。
カラオケでビブラートをかけて歌えるのもこの原理を使っています。

また、声帯は筋肉であり、緊張すると筋肉は収縮して硬くなり、
キメの荒いビブラートを震えとして認識する人もいます。

そのうえ、自分の声は内耳でも聞くため、
ビブラートもしっかり聞こえて震えていると思いがちです。

ところが、他人は100%空気伝導であなたの声を聞くため、
あなたが聞いているほど、震えとして伝わらないのが現状です。

つまり、震えている?と感じても
実は他人はそれほど震えているように聞こえないのがほとんどです。


声の震えを克服する呼気強化トレーニング

それでも声の震えが気になる方におススメのトレーニング法があります。

それは、呼気を強化するトレーニング法です。
これにより、声帯の筋肉をストレッチ、和らげることで
声の震え(ビブラート)を抑えることが可能となります。

息と声を同時に出すつもりで、強く「ハ!」と発声。
ゆっくり丁寧に5~6回、この発声トレーニングをした後は、
必ず声に出して自分の名前を言ってみて声が変わっていることを確認しましょう。

1日10回やるだけでもその変化を実感することができるでしょう。

ポイントは、できるだけ低い声を出すように心がけましょう。
さらに、やり過ぎは禁物です。適度に休憩もはさんで行いましょう。


1日3分のあがり症克服法の決定版

声の震え、克服法のトレーニングまでご紹介してきました。

「声」を発する側と受ける側での聞こえ方がそもそも違うため、
悩みがいつの間にか思い込みとして生じてしまいます。

しかし、そのメカニズムが理解できても心配になるのが人間です。
克服する根本的な方法を必要とします。

そこで、あがり症を克服する簡単なトレーニングをご紹介します。
1日3分の自宅でできる簡単なトレーニング法。
元アナウンサーが提唱する方法とは?

あなたも、声の震えを克服して、
悩みのない健やかな生活を過ごしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ