あがり症の効果的な克服はあがっていることを考え過ぎないこと


あがり症で悩んでいるあなたへ。
あがり症の克服法を探しているあなたへ。

あがり症は生まれ持った症状ではなく、
生きていく上で経験した感情や体験が積み重なって
何かの拍子に発症してしまう症状です。

辛い経験や負の感情がスイッチになることがよくあります。

あがり症に悩む人、悩まない人の違いも
今までの経験が人それぞれ違うために相違が出てきます。

この記事では、あがり症が起きてしまう理由と
あがり症を効果的に克服する方法をご紹介したいと思います。


考えてしまうからあがり症は起きてしまう

・人との会話が苦手である
・会話が続かないから疲れる
・相手も楽しめないので会話をする意味を見出せない

あがり症に悩む人は、人と話すことに自信が持てなくなると
次第に不安感が募り、不安感と向き合う時間が結果的に長くなってしまい、
いろいろと考えなくていいことまで考え込んでしまいます。

考えれば、考えるほど負の感情が募り、
すべて悪いのは会話が出来ない自分なのだと決めつけ、さらに会話が出来なくなる。

あがり症が抜け出せなくなる典型的な例です。

「考えない」ことなんて実現するのは難しく、
感情のコントロールはできません。

考えない、感情のコントロールは出来なくても
意識を逸らすことは不可能ではありません。


考え過ぎを中断するには新しい刺激を与える

考えないことをコントロールできないなら
「刺激」を与えることで考え過ぎを中断する方法があります。

人間は、外部刺激を受けるとそっちに意識がそれる特性があります。

この方法を何度か繰り返すことで、
徐々に考えない思考へ切り替えていきましょう。

・コーヒーを入れる
・チャンネルを変えて別の番組を見る
・散歩に出掛ける
・ストレッチする

意識が別に向き、考えることが中断されるようになります。

考え過ぎは集中力が高いことの表れでもあります。
一方、ネガティブなことは心の負担になり、うつ病の発症リスクが高まります。

考え過ぎは身体的にも負担がかかる。
しかし、集中力や思考力を高めるには考えることが必要。

このバランスがとても大事ですので、
今後経験を積み、自身に合った生活スタイルを探すことが大切です。


誰にも知られず自宅で1人こっそり出来るあがり症克服法があります

あがり症の人によく見られる、
考え過ぎないための対策をご紹介していきました。

あがり症を発症するほとんどが「真面目な人」です。
真面目な人は考え過ぎたり、相手のことを思いすぎたりする傾向があります。

そのため、うつ病にもかかってしまう可能性があります。

そうならないために、上手く意識を切り替える刺激や
経験を積んでいくことが大切です。

しかし、それでもあがり症が克服できない方に
具体的なあがり症の克服法をご紹介していきます。

誰にも知られず1人こっそり出来る簡単な方法とは?
元アナウンサーが提唱するわずか1日3分のあがり症克服法。

あなたも、考え過ぎから脱却して、
心身ともに健康な悩みのない日々を過ごしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ