あがり症の克服には無駄な力を抜き心の凝りを取ることが大切!


あがり症で悩んでいるあなたへ。

悩んでいるということはあがり症の自覚があるということ。
克服法を探して、人より努力されていると思います。

それは、相手を思う気持ちがあってのこと。
相手にあがり症のせいで失礼のないようにしたいから。

一般的には、あがり症があってもさほど悩まないことが多く、
何もないかのように生活する人がほとんどです。

あがり症に悩み、このページに辿り着いたということは、
相応の悩みを持ってあがり症を向き合っている証拠。

そんなあなたに、この記事では、
あがり症を克服するちょっとした考え方と
誰にも知られず自宅で出来る克服法をご紹介します。


あがり症なんて病気はありません

心療内科、精神科にすでに通っているかもしれません。
しかし、あがり症なんて病気はありません。

診療を受けてもカウンセリングで終わるケースが多く、
それは、プロトコルが確立していないためです。

クリニックによってやり方が違うのも理由です。

あがり症は病気ではなく、
あなた自身の心に無駄な力がかかっているためです。


身体に無駄な力が入っていたら本来の力は発揮できない

身体に無駄な力が入っていると本来の力を発揮できません。

例えば、スポーツの世界でも、
無駄な力を入れないように監督からよく指示が入ります。

それは、無駄な力が入ってしますと、筋肉が強張り、
日ごろのトレーニング通りの動きが取れなくなるためです。

これは、緊張状態でも起こり得る症状です。


あがり症の克服は無駄な力を抜き心の凝りを取り除く

身体を緩ませて無駄な力を取り除くことで日ごろの力を発揮できます。

そして、あがっている症状、緊張している状態は
心にも無駄な力、凝りがかかっている状態です。

無駄な力を取り除くことで心にかかった無駄な力も取り除くことが可能です。

それは、身体と心はつながっているから。

身体が体調が悪い時、心に余裕がありません。
心がイライラしている時、身体にも神経が鋭くなり寝付けなくなったり。

身体の無駄な力を抜くことは心の無駄な力を抜くことと同じこと。


あがり症克服の第一歩!無駄な力を抜く方法

・思考は現実化する

という言葉を聞いたことはありますか。

思考を巡らせることは、いずれ具現化され、
現実のものとなる言葉です。

心の凝りも思考を巡らせることで現実のものとなることが可能です。

その代表的な方法が、「言葉にして口に出す」ということ。
言葉は言霊と呼ばれる位、言葉に思考が宿ります。

さらに、具体的なあがり症を克服する方法をご紹介します。


誰にも知られず1人こっそり出来るあがり症を克服する方法があります

無駄な力によって、心の凝りが溜まり、
あがり症や緊張状態を招いている症状をご紹介しました。

身体と心はつながっており、身体に無駄な力が入っていれば
心にも無駄な力がかかります。

これらを取り除くことで、あがり症の時に起きる
身体症状も和らげることが可能です。

それでは、具体的なあがり症を克服する方法をご紹介します。

元アナウンサーが提唱する、
誰にも知られず1人こっそり出来るあがり症を克服する方法とは?

あなたも、無駄な力を抜き、
心も身体も気持ちをスーっと楽にしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ