自己紹介で話す内容にはコツがあります!効果的なあがり症克服法をご紹介


  • 自己紹介を上手くこなしたい!
  • 自己紹介で回りにおっ!と言わせたい!
  • 自己紹介で出来ればモテたい!

とても大切な場での自己紹介。
自己紹介はとても短い時間の中で繰り広げます。

そのため、話した内容が印象に残らなければ
その自己紹介は「失敗」したのと同じことを指します。

自己紹介をもっと上手くなりたい!と考えるあなたに、

この記事では、自己紹介で話す内容のコツから
効果的なあがり症克服法までご紹介していきます。


自己紹介のコツ① 最初に話した内容、エピソードの方が印象に残る

話した内容、エピソードは、
後になればなるほど、印象は薄れていきます。

さらに、複数人が同時に自己紹介を行う場合、
最初に自己紹介をした人より、後に自己紹介をした人の方が印象が薄れる傾向にあります。

そのため、冒頭に話す内容、または最初に話す人の方が
印象が強く残るため、話す内容については十分気を付ける必要があります。

ここで話す内容が、相手の印象に残れば、
自己紹介は成功したと言っても過言ではありません。


自己紹介のコツ② 内容は共感できるエピソードを盛り込む

ただ話せばいいというわけではありません。
さらに、決まりきった話をしても面白くありません。相手は飽きます。

重要なのは、誰に、共感できるエピソードを選ぶか。

ほとんどの人がする失敗する自己紹介の典型例は、
どこでも、誰に対しても、同じような自己紹介をすることです。

合コン、ビジネススクール、就職面接、異業種交流などなど
自己紹介をする場面はあるかと思います。

それらすべての場で、同じ自己紹介をするのは
失敗したも同然です。今すぐ改善していきましょう。


自己紹介のコツ③ 基本のパターンとオリジナルのパターンを常に持つ

コミュニケーションを取ろうとする時に、ついあれこれ話そうとします。
結果、話しきれなくなる、何を言いたいのか伝わらないという現象が起きます。

これも自己紹介では失敗の典型です。

自己紹介のパターンは、最近の話や前の人の話を組み合わせると
無限のバリエーションを作り出すことができます。

そのため、「基本のパターン」とその場に合わせて考える「オリジナルのパターン」
を常に持ち合わせて、それらを組み合わせて話すようにすると
あなた独自の自己紹介を作り出すことができます。

さらに、「オリジナルのパターン」はその場の空気感に合わせて
作るのがコツで、これには経験が必要です。

失敗すると、自己紹介全てが失敗することになります。


自己紹介のコツ④ 失敗を恐れない

しかし、失敗を恐れないことも大切です。
失敗しなければ次に活かすことはできません。

失敗から何も学ぶか。これに尽きます。


自己紹介時あがってしまうあなたへ。あがり症克服法があります

自己紹介のコツについてご紹介してきました。

やればやるほど自己紹介は経験が積まれ、上手くなっていきます。
さらに、ご紹介したコツを意識して行っていけば、
自己紹介のバリエーションも増え、今までにない自己紹介を考え出すこともできるかもしれません。

ぜひ、実践してみてください。

一方、自己紹介時あがって上手く出来ず悩んでいる方もいるかと思います。
そんな方に、あがり症を克服する効果的な方法をご紹介していきます。

わずか1日3分のトレーニングで、
誰にも知られず自宅に居ながら1人で出来る簡単な方法とは?

あなたも、自己紹介の達人になって、
誰とでも関係構築出来る「印象の良い人」になりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ