あがり症の克服に欠かせない心の機能をリラックスさせる方法とは


あなたは過去に、下記ことで悩んだことはありませんか?

  • 急な質問、上司との話は頭が毎回真っ白に
  • 名刺交換で手汗がびっしょり
  • 前に立って文字を書くのもままならない。視線を感じる
  • セミナーや飲み会、人が集まる場では緊張するため行かないようにする

一度は感じたことがあることがあるかもしれませんが、
全てに当てはまる方は要注意です。

全てあがり症が原因で起こる身体症状、心のストレスです。

あがり症を克服するためには、
身体症状以上に、「心のストレス」を取り払うことが大切です。

つまり、心のストレス解消は、「心の機能」をコントロールすることであり
結果、心をリラックスさせる効果があります。

この記事では、心の機能のコントロールの仕方と
あがり症を克服する方法についてご紹介したいと思います。


「身体の機能」と「心の機能」について

人間の生体活動には、「身体の機能」と「心の機能」の2つに分けられます。

身体の機能とは、歩く、立つ、椅子に座る、頭をかく、肩を回す、体操する、
コーヒーを飲む、笑う、笑顔を作るなど身体に作用する活動のことです。

心の機能とは、自律神経の作用(イライラ、リラックス、落ち着く、緊張など)
うれしくなる、好きになる、嫌いになるなど心、精神に作用する活動のことです。

これらは、生体活動上なくてはならないものであり、必ず起こる活動です。

身体の機能と心の機能の決定的な違いは、
自らコントロールが出来るか否かの違いがあります。


心の機能をコントロールする方法とは

自らコントロールが出来るかが違うと述べましたが、
「身体の機能」は、その活動を無意識にでも抑えることは可能です。
いつでも活動を止めることも開始することも可能です。

一方、「心の機能」は自らコントロールすることは難しい生体活動です。

それは神経系の働きにより、身体全体が制御されているため、
脳がインプットした情報を優先的に処理され、自らコントロールすることは困難になります。

しかし、心と身体はつながっています。

・心が病めば、身体はだるくなります
・心が明るくなると身体も元気になります
・身体に不調が出たら、気分も落ち込みます

心の機能が高低することで身体の機能も同じように作用します。

つまり、比較的容易な身体の機能をコントロールすることで
同時に心の機能もコントロールすることは可能になります。


心の機能がコントロール出来れば自然とリラックス状態に

身体の機能をコントロールすることで
心の機能までコントロールすることが可能です。

心の機能がコントロール出来れば、自然と心はリラックスさせることも可能です。

落ち着け、落ち着けと念じても効果はないどころか、
緊張が高まるばかりで、逆効果です。

日ごろから、身体の機能と心の機能を意識するだけで
あがり症の原因とされる心のストレスは緩和されるでしょう。


誰にも知られず1人こっそり出来るあがり症克服法があります

身体の機能と心の機能との関係についてご紹介しました。

心をリラックスさせることであがり症の原因とされる心のストレスは緩和され、
それは、身体の機能をコントロールすることで結果的にあがり症克服につながります。

心のストレス緩和は、あがり症だけでなくその他症状にも良い影響をもたらします。

それでは、より具体的なあがり症を克服する方法を知りたい方に、
誰にも知られず1人こっそり出来るあがり症克服法があります。

元アナウンサーが提唱するわずか1日3分のトレーニング法とは?

あなたも、心の機能をコントロールして、
内面的にも健康的なストレスゼロの生活を過ごしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ