あがり症で頭が真っ白、働かない原因とは。効果的なあがり症克服法を紹介


あがり症で頭が真っ白に、働かなくなった経験はありませんか?

誰もが一度は経験したことがある症状ですが、
年齢を重ねるごとにこの症状も和らぐのが一般的です。

頭が真っ白になるには原因が存在します。

この記事では、頭が真っ白、働かなくなる原因と
効果的なあがり症を克服する方法をご紹介していきます。


なぜ、あがると頭が働かなくなるのか

過度にあがってしまい、
身体が動かなくなっていることが1つ原因として挙げられます。

頭(脳みそ)も身体、臓器の1つです。

脳から信号が伝達され、各神経、各器官に指令が出されます。

この脳が、過度にあがった症状を受けると
身体に対して、不安症状や危険信号を出しはじめます。

一種の防衛本能が発動したといってもよいです。

そのため、頭が働かなくなるのは、
信号が上手く伝達されず、一時的にフリーズ状態が起きているためです。

例えば、人を持ち上げた時、とても重いと感じるのは当たり前ですが、
全体で力を支えることを優先するあまり、その途中に
質問などを受けても何も頭が働かず答えられない現象が起きるのはこのためです。


ではなぜ、あがってしまうのか

プレゼンやスピーチの現場で、大抵あがってしまいます。

しかし、友人や親しい人といる時あがるでしょうか。
あがらないと思います。

この違いから見えてくるのは、あがり症というのは、
知らない人に「見られているため」、です。

あがり症が起きるケースは、「見られている側」に立っている時に起きます。


なぜ、頭が真っ白になるのか

スピーチやプレゼンの現場で、変な質問を受けると頭が真っ白に。

例えば、友人、親しい知人の前では真っ白になりません。
しかし、上司、先輩の前で真っ白になります。

この違いは、見られているか、見ているかの違いにあります。
見られているため、頭が真っ白になります。


では、「見ている側」になるために必要なこと

「見られている側」というのは、自分にすべてフォーカスした考えになっています。

・ちゃんと返答できるだろうか
・ちゃんと喋れるだろうか
・あがっている姿を見られないだろうか
・恥ずかしい思いをしたくない

この自分にフォーカスされた考え方から
「相手にフォーカスする」考え方に変えることで
見られている側から見ている側に変わることが可能です。

・ちゃんと返答できるだろうか
→分かりやすく伝わるだろうか
・ちゃんと喋れるだろうか
→つまらなくないだろうか
・あがっている姿を見られないだろうか
→会場は狭くないだろうか、空調は効いているだろうか
・恥ずかしい思いをしたくない
→気持ち良く帰ってほしい

相手フォーカスに変えることで、
自分より相手を優先的に考えるため、

自分のことがあがっているかなんて考える余裕がなくなり、
結果的に、あがっている悩みもなくなります。


誰にも知られず自宅で出来るあがり症を克服する方法があります

あがり症で頭が真っ白に、働かなくなる原因についてご紹介してきました。

脳からの情報処理が一時的にフリーズし、
普段見かけない人から「見られる側」に立つことであがり症は起きてしまいます。

あがり症が起きる時は、見られる側から見る側に変わることが
効果的な克服法です。

しかし、具体的な方法をもっと知りたいというあなたに
元アナウンサーが提唱するトレーニング法をご紹介します。

わずか1日3分の誰にも知られず自宅で出来るあがり症克服法とは?

あなたも、頭真っ白から抜け出して、
堂々とした誰からも憧れる人間になりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ