あがり症を克服するのに饒舌な会話スキルは効果なし?


あがり症を克服するために
さまざまな会話スキルが学べるレッスンや教室は存在します。

しかし、学ぶ会話スキルでも効果的な方法とそうでない方法があります。

効果のない方法をずっと実践しても時間の無駄であり、
労力も精神的にも負担がのりかかるばかり
です。

では、どうしたらよいのか。
あがり症を効果的に克服する方法が存在します。

ここでは、効果が期待できない間違った考え方と
あがり症克服法をご紹介したいと思います。


弁の達つ人が魅力的とは限らない

「あの人話が上手いな」
「流暢に話して周りを巻き込んでいる」
「私にはないものをたくさん持っている」

あがり症で話も上手くできないため、
話が上手い人、弁の達つ人に対して魅力を感じるかもしれません。

しかし、必ずしも弁の達つ人が魅力的ではありません。
ここで進むべき方向性を見失わないようにしてください。


饒舌ゆえに誤解されることもある

流暢に話せる人を話がうまいと錯覚したり、
饒舌な人は会話上手であると根拠のない思い込みをしたり、
話せた方が人気者になれると考えがちですが。

しかし、あまりに饒舌すぎる場合、信頼されないケースが見られます。
話が上手すぎて何が信用できる内容なのか判別がつかなくなるため。

今までに、話は上手いが、この人の言うことは本当だろうか?
と感じたことはないだろうか。
それは、話が上手すぎて疑心暗鬼になっているケースです。

話が上手すぎても、饒舌すぎてもダメ。
ではどうしたらよいのか。


必要な時に必要なことが言えれば大丈夫!

自分を受け入れてくれる人や一生懸命さが伝わる人には、
こちらも誠実に接したくなってしまいます。これが人間の基本です。

つまり、必要な時に必要なことが言えれば十分です。
そこからが会話スキルの必要性を感じるかと思います。

すべて話せるようになる必要はありません。
必要な時にだけ、しっかり話す、伝えることができれば気持ち良い会話は成立します。
弁の達つ、饒舌さとは異なります。


相手の気持ちを大切にしよう

さらに、会話は人とのキャッチボールであるため、
相手の気持ちを最優先に考えて話すことも重要です。

あがり症の人に見られる特徴が、
緊張して会話に集中しすぎて、相手のことが見えておらず、
置き去りにして、いつの間にかつまらなくしてしまっている。

相手の気持ちを汲み取りながら、
会話スキルを磨くのが流れとして大切です。


わずか1日3分のあがり症を克服する方法があります

あがり症を克服するために必要な気持ちの持ちよう、
会話スキルを伸ばすポイントについてご紹介してきました。

一歩間違えると遠回りの克服法になってしまい、
余計に時間がかかってしまいます。

無駄な時間を費やさないように、近道のあがり症克服法をご紹介します。

誰にも知られず1人こっそり出来るあがり症克服法があります。
元アナウンサーが提唱する自宅で出来るトレーニング法とは?

あなたも、あがり症を克服して、
重要なポイントを押さえて会話スキルを伸ばしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ