あがり症を改善できる訓練法をご紹介!


あなたは今まで以下のような経験をしたことはありませんか?

  • 人前に立つとどうしてもあがってしまう
  • 人に見られるのが苦手でいつの間にかあがっている
  • あがり症を改善したいのに方法が分からない

1つでも当てはまる方に、役立つあがり症を改善できる
訓練法をご紹介したいと思います。


頭の中でしっかり整理してから話す練習をする

まず、あがり症が起きてしまう原因の1つに
上手く説明ができず、相手に伝わらず、変な沈黙がおきてしまい
恐怖心からあがり症が起きてしまう
、というのがあります。

この「上手く説明できない」と「沈黙」を改善できれば
ほぼあがり症は起きないといっても過言ではありません。

そのために、まず上手く説明することにフォーカスした訓練法になります。

上手く説明する、とは相手に伝える技術が必要です。
伝わらなければ説明できたとは言えません。

この「相手に伝える技術」というのは、
いかに話す内容を整理できるかにかかっています。

つまり、人前で上手く説明するには、頭の中できちんと整理するという
考える技術を磨く必要があります。

もっとも効果的な練習法は、
話す内容を紙(もしくはパソコン)に書いてみること
です。

すらすら書けたら整理できている証拠ですが、
書けない場合、まだ整理ができていないことになります。

話す前に、時間があれば紙に書いて内容を整理する、
時間がなければ、頭の中で整理する癖をつけるようにしましょう。

頭の中が整理されていればあがり症は消えてなくなります。


説明は、シンプルに、難しい言葉は使わない

専門用語や分かりづらい言葉で説明しても相手には全く伝わりません。
むしろ面倒な人間だと思われ、関係に溝ができてしまいます。

この問題を解消するために、
シンプルに、簡単な言葉(誰でも分かる言葉)に置き換えて説明する訓練法です。

シンプルで、簡単な言葉の訓練で最も効果的なのが
家族に仕事内容を説明する、という訓練法です。

特に子供がいる場合、子供に説明する訓練が最適です。
それは、子供の分かる言葉は限られるため、いかに
分かりやすく、簡単な言葉に置き換えるかが重要になってきます。

この置き換えが出来なければ、言葉は全く通じません。

また、子供がいなくても家族に説明する時は、
時間制限を設けて説明するのが効果的です。

説明は、内容が難しくなると説明が自然と長くなってしまう傾向があります。

そのため、1分とか2分とか制限するだけで
自然と内容も簡単に、スマートになり、伝わりやすくなります。

さらに、時間制限があれば、頭の中で話す内容を整理しなければ
到底時間内に説明することは不可能であるため、
上述した訓練法にもつながります。


準備段階では手を抜かない

訓練法の中で最も重要な改善法です。

ビジネスの世界では、段取り8分という言葉があるように
段取り(準備)をするか、しないかでビジネスで有利になります。

相手のいる説明であれば、
説明し終わった後、どんな質問が飛び交うか、どこに疑問に思うのか
質問や反応、状況にも臨機応変に対応するための準備を欠かさず行うようにしましょう。

準備はやったもん勝ちですので、やらない手はないです。
相手のことを想像しながら準備するようにしましょう。


1日3分の自宅で簡単なあがり症改善する訓練法があります。

一般的な訓練法についてご紹介してきました。

これらの訓練法は、話し方にフォーカスした方法になりましたが、
必ず誰かがいて初めて成り立つ訓練法がほとんどです。

それでは、1人で悩んでいる方のニーズを取り込めていません。

しかし、自宅で簡単に1人でできるあがり症改善の訓練法があります。

あなたも、あがり症を改善して、
充実した日々を過ごしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ