あがり症の克服は「話し方」より「聞き方」を意識することが大切だと知っていますか?


あがり症を克服したい。
そのために話し方を意識している。

あがり症に苦しむ人は、
とにかく「話し方」を変え、上手くなるための努力をしています。

話し方さえ上手くなればあがり症も克服できる。

しかし、この考えはあがり症が克服できないどころか
ますますあがり症を助長させる間違った考えです。

この記事では、あがり症克服の正しい考え方と
あがり症を克服する効果的な方法までご紹介していきます。


話し方より聞き方を意識することが大切

「話し上手は聞き上手」という言葉があります。

これはあがり症にも当てはまる言葉で、
あがらないため、あがり症を抑える方法として「聞き方」を意識することが大切です。

それは、例えばプレゼンやスピーチを行うこととなり、
本番、自分の番が来るまで待っている最中、他の人が話しているスピーチを聞き流してはいませんか?

まず、あがらない方法は、話し方を気にしたりする前に
一生懸命、人の話を聞くことです。

自分の話す前に誰かが話をしている時、自分もステージに立っていることを意識し、
場の空気感を感じながら、話を聞いているつもりになるべきです。

なぜなら、本番前の効果的なアイドリングができるためです。


話を聞かないのは逃げていることと一緒

本番前、他の人が話している時が絶好の準備運動になります。
しかし、自分のことに意識が向き、他に意識が向かないのは「逃げている」証拠です。

余裕がなく、意識は完全自分にしか向けられていない。
しかし、余裕がなければ上手くも当然いきません。

例えば、司会者に当たられ答えを述べる場面があるとします。
当てられたくないと思いますか?

この場合でも、当ててくれという意識を持つことです。
司会者の話を聞くのではなく、聞き手の様子を常に観察します。
目的は、その中で話しやすい人を探すためです。

聞き手の様子を観察し、話しやすい人を探し出す、
そして、本番を迎えた時、その話しやすい人、つまり聞き上手な人に対して話せばいいのです。

この手のトレーニングは、人を客観的に見る練習に役に立ちます。

あがり症の克服は、
流暢に言葉が出ることより、言葉以外の部分、呼吸を合わせることや、観察力の方が大切です。


誰にも知られず1人こっそり出来るあがり症克服法があります

あがり症の克服には、話し方より聞き方の方が大切だとご紹介しました。

聞き手の様子を見て、今の空気感を肌で感じ、
誰が最も話しやすいのか、観察力を養うことの方が話し方を意識するより大切です。

それでは、聞き方を養うことが大切だとわかりましたが、
具体的に何をすれば養うことができるのでしょうか。

具体的なあがり症の克服する方法についてご紹介していきます。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分のあがり症を克服する方法があります。

誰にも知られず1人こっそり出来るあがり症克服法とは?

あなたも、話し方より聞き方を養って、
どんな場面でも対応できる聞き上手になりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ