あがり症の克服は「いつもの仲間」より「知らない人」の方が効果あり!


あがり症を克服するために、
会話力を磨いたり、雑談力を磨いたり、話し方を鍛えている方はいるでしょうか。

話し方を鍛える時、「いつもの仲間」同士と話しますか?

もし、いつもの仲間だとしたら、そのあがり症克服は効果はありません。

あがり症の克服は、「知らない人」と話さない限り
効果を得られることは難しいでしょう。

この記事では、あがり症を克服するには
知らない人とコミュニケーションを取ることが大切であることをご紹介していきます。


あがり症を克服したいと考える前に

まず、あがり症を克服したくて克服法を模索している段階の場合、
そもそも、「人と会話すること」は好きでしょうか?

もし「好き」だという方はあがり症の克服法を探してみてください。
しかし、「嫌い」だという方、そもそもその考えを変えるべきです。

例えば、美容師を目指していないのに
美容師の技術を教えてもまず技術は身につきません。

スポーツが嫌いなのに、スポーツを教えようとしても苦痛なだけです。

これはコミュニケーションでも一緒で、
「人が嫌い」な人にコミュニケーションを教えるのは根本的に難しい話です。

あがり症でも、人と拘わる上であがり症だと思い克服したいと考える。
しかし、そもそも人との拘わりが嫌いな人にあがり症の克服法を教えても身につきません。

まずは、あなた自身の「人嫌い」を直すか、
考えを改めることから始めるべきです。


いつも同じ仲間といるとあがり症は克服できない

例えば、毎月定例のあがり症を克服するコミュニケーションセミナーに出席したとします。

セミナーで席に座る時、あがり症を克服したい、コミュニケーションを取りたい人は、
率先して、別の椅子に常に座る傾向があります。

これは、さまざまな人とコミュニケーションを取って自分の問題点や
改善点を人から教わり実践するために敢えてそのような行動
をとっています。

一方、常に同じ席に座る人は、人がそこまで好きではない証拠です。
さらに、あがり症に対して真剣に克服したいという気持ちがない表れになります。

・知らない人と隣になるのは嫌
・何を話したらいいか分からない

誰もが悩み苦しむあがり症の問題です。
しかし、一歩前に勇気をもって進まない限り何も変わりません。

変えるのは他の誰でもないあなただけです。


誰にも知られず自宅で1人こっそり出来るあがり症克服法があります

あがり症の克服には、いつも一緒の仲間ではなく、
知らない人とコミュニケーションを取らない限り克服は難しいことをご紹介してきました。

あがり症は人と拘わる上で浮上する悩みです。
そのため、そもそも人が嫌いでは問題は解決されません。

根底にある考え方を変えた上で、あがり症の克服法を実践した方が
効果は現れてきます。

人は好きだが、具体的なあがり症の克服法が分からない。
という方に、効果的なあがり症の克服法をご紹介します。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の自宅で出来るあがり症克服のトレーニング法とは?

あなたも、あがり症を克服して、
今まで見たことない堂々とした自分に出会いたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ