あがり症の克服に役立つ意識の持ち方、心構えとは


あがり症の克服法を探しているあなたへ。

あがり症は、緊張したり、声が震えたり
身体的に症状として出始めます。

あがり症で悩んでいるあなたも
実は誰もがあがり症を経験したことがあります。

しかし、全員があがり症で悩んでいるかと言えばそうではなく、
あなたが悩んでいるのは、仲間意識が高く、協調性があるため。

この記事では、あがり症に悩む人の特徴から
あがり症を克服する意識の持ち方、実践方法をご紹介していきます。


あがり症に悩む人の特徴とは

あがり症の症状を経験したことがある人はほとんどですが、
悩む人、悩まない人がいます。

それは、あがり症によって相手に迷惑をかけたり、
自分を変えたり、向上させたいと考える、とても「真面目な人」です。

真面目でなければ、悩むこともありません。
協調性がなければ、悩むこともありません。

あがり症を克服したいと考えるあなたに、
意識の持ち方についてご紹介します。


あがり症を克服する意識の持ち方とは

例えば、スピーチやプレゼンを控えており、
あがってしまって頭が真っ白。

聞いている人に不快な思いをかけないだろうか。

この時、意識しないで起きる思考と
意識して起こす思考と2種類存在します。

・意識しないで起きる思考
→何をしてもあがってしまう、上手くいく気がしない

・意識して起こす思考
→当日は上手くいく、聞いている人全員が味方だ

この「意識して起こす思考」を寝る前に考えることが効果的です。
それは、睡眠に入ると意識が隠れ、潜在意識が活性化するため言われています。

潜在意識に直接、意識を投げかけます。

意識の持ち方を変えるだけで、
本番の心の持ち方が変わり、意識が具現化され、
気持ちが楽になる体験を得られるようになります。


誰にも知られず1人自宅で出来るあがり症克服法があります

あがり症を克服する意識の持ち方についてご紹介してきました。

あがり症に悩む人の特徴は、とても真面目で
協調性のある人、さらに常に改善したいと向上心のある人。

そんなあなたも、意識の持ち方を
「意識して起こす思考」の変えることで、本番の心の持ちようが変わっていきます。

まずは、意識から変えていきましょう。

それでは、具体的なあがり症を克服する方法をご紹介していきます。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の誰にも知られず自宅で出来るあがり症克服法とは?

あなたも、あがり症の意識の持ち方を変えて、
堂々とした誰からも頼られる人間になりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ