あがり症の克服は「自信をつける」ことから始める理由とは


あがり症に長年苦しめられ悩むあなたへ。
あがり症の克服を探しているあなたへ。

・あがり症で回りからバカにされたことがある
・上手く話をすることが出来ず仲良くなれない
・人が集まる場所には行くことができない

あがり症は、相手とのコミュニケーションを取る場面、ケースにおいて
発生する身体的症状です。

手が震えたり、声が震えたり、上手く話せなくなることもあがり症に含まれます。
では、なぜあがり症は発生してしまうのか。
あがり症で悩む人もいれば、悩んでいない人もいます。

この違いを知ることであがり症の悩みは解消され
克服法も見えてきます。

ここでは、あがり症の克服に必要は「自信をつける」理由と
あがり症克服法をご紹介したいと思います。


「自信がない」は自己否定による不安感

・人からバカにされたくないから会話をしない
・話が上手くできないから自信がない
・人の集まりに参加しても自信のない自分では何も話せない

「自信がない」から会話ができない。だからあがってしまう。

あがり症になってしまうのは、自分はダメな人間だと追い込んでしまい
身体的にもプレッシャーがかかり、身体症状が現れ、
やっぱり自分はダメな人間だとさらに追い込み、自信を自ら失わせる。

この「悪循環」を自ら作り出しています。
この発端は、相手ではなく、自分、あなた自身です。


「自信がない自分」が嫌でも相手は何も気にしない

自信がない自分にフォーカスするばかり、相手に意識が向きません。
向く余裕もありません。

しかし、知っておいてもらいたいのは、
相手はあなたのことはそれほど気にしていないということ。

・会話が続かなくても相手は特に気にしてません。
・集まりの中で1人浮足立っても特に気にしてません。

気にするのはすべて自分であり、
上手くいかないと考えるのも自分です。

すべてを完ぺきにこなそうと考えるあまり空回りが発生します。


自信を持つためにすべきこと

まずは自信をつけることから始めましょう。
では、話し方や会話のスキル、経験が増えたところで自信はつくのでしょうか。

自信とは自分に対する安心感です。自尊心を満たすことができないことから生じる、
不安感が膨らみ、あがり症は発生します。


自分に満足することを知る

それでは、自分に満足することをまずは知るようにしましょう。

自尊心を満たせば、満足感や安心感を得られることができます。
その後は、褒めるという行動と言葉で種を育てるだけでOK


自分の良いところを50個書き出す

あがり症の人の多くが、自分のよいところを見つけるのが苦手です。
原因は、欠点やダメなところばかり注目してきたために良い点に注目するという習慣がないからです。

なんでも構いません。最初は見つけるのに躊躇するかもしれませんが、
お風呂に入っている最中、電車に乗っている時、信号で青に変わるのを待っている時、
ちょっとした隙間時間に考えるのが効果的です。

そして、書き出した良いところは目に見える場所に常に目が届くように張り出しましょう。
財布の中に入れておくのでもよいです。
常に良いところが目に入るようにしておくことが大切です。


自宅で1人こっそり出来るあがり症克服法があります

あがり症を克服するための自信をつける理由とその方法をご紹介してきました。

自信をつけることで不安感、不満足感はなくなり、
心が満たされることで身体症状は緩和され、緊張も和らぎ
あがり症も克服することが可能となります。

それでは、具体的なあがり症を克服する方法をご紹介します。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の自宅で1人こっそり出来るあがり症克服法とは?

あなたも、あがり症を克服して、
堂々と自信のある話し方を身につけたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ