人前であがってしまう人の特徴とは?効果的なあがり症克服法をご紹介


人と話しているといつもあがってしまう。

誰もが人と話すとあがってしまいます。
アナウンサーですらあがると聞いたことがあります。

しかし、「いつも」あがっているかと言えば疑問になります。

人間は成長とともに経験を積みます。
成長の中で、反省、学びを繰り返し、改善していきます。

それでも「いつも」あがるのには理由があるはずです。

この記事では、人前であがってしまう人の特徴と
効果的なあがり症を克服する方法をご紹介していきます。


人前であがってしまう人の特徴とは

  • 話すことに必死である
  • 一生懸命話す内容を考えている
  • 常に考えを巡らせている

上記1つでも当てはまる方、あがってしまう人の特徴にあたります。

上記に共通することが1つあります。
それは、自分のことしか考えていない、ということです。


人前であがる人は聞き手の反応を見ながら話そう

つい話している時に一生懸命になりがちです。

一生懸命になることは決して悪いことではありません。
しかし、コミュニケーションは相手とあなたとの懸け橋です。

あなただけが一生懸命では何も伝わりません。

また、相手が求めている内容ではない内容を
一生懸命話されても、相手は何も思うでしょうか。

例えば、急いでいる時に無駄な話をされると、
聞き手は必ずストレスが溜まります。時間の無駄です。

話す時は一生懸命になる前に、聞き手の反応をみながら
何を求めているのか、ニーズを探る必要があります。


「伝える」と「伝わる」の違い

「伝える」と「伝わる」、同じようで全く違う意味を持ちます。

「伝える」とは、あなた主体の考え方です。
話したいことを話す、相手の意向は二の次になっています。

「伝わる」とは、相手主体の考え方です。

話す内容が、相手が求めていることであり、それが伝わった、
お互い必要としていることが合致した状態です。

もちろん、後者が常に求められる内容です。
前者が、人前であがってしまう人の典型的な失敗例です。

「伝わる」話を心掛けるようにしましょう。


人前であがらないために、時には「関係のない話」も大切

時には、関係のない話をすることも大切です。

例えば、クライアント先での商談の話をする時、
突然、商談の話(相手が求めるニーズ)を切り出すと
相手は「おいおい、いきなりか」と思います。

ここで、少しの雑談を入れて、お互い和んだ状態で
話し出すのが効果的です。これをアイスブレイクと言います。

人間はロボットではありません。感情が通っています。

関係のない話をするのは、上級テクニックですが、
これをマスターできれば、どんな相手ともあがることなく話せるようになることでしょう。

仕事の出来る人は、この雑談が上手い人が多い傾向にあります。


わずか1日3分の自宅で出来るあがり症克服法があります

人前であがってしまう人の特徴をご紹介していきました。

話に一生懸命になる前に、一呼吸おいて相手の反応をうかがいましょう。

相手が何を求めているのか、何を欲しがっているのか。
常に相手主体で考え、「伝わる」話を心掛けましょう。

人前であがってしまう特徴は分かりました。
では、具体的なあがり症を克服する方法についてご紹介していきます。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の自宅に居ながら出来るあがり症を克服する方法があります。

あなたも、あがってしまう人の典型から抜け出して、
誰とでもコミュニケーションが気持ちよく出来る「感じのいい人」になりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ