「あがる」とはどういった状態か?効果的なあがり症克服法をご紹介


・人と話しているとあがってしまう。
・1人でいるとあがらない。

この違いには何があるのでしょうか。

この違いを理解することで、
人と話していても、1人でいる時と同じようにあがらない、
コントロールをすることも可能です。

この記事では、「あがる」状態の原因と
効果的なあがり症を克服する方法についてご紹介していきます。


「あがる」とはどういった状態なのか

普段何気ない日常の中では、あがり症は起きません。
しかし、下記ケース、もしくは人に会うとあがり症は発症します。

  • 面接面談の順番をまっている間
  • プレゼンをしなければならない日の通勤電車
  • 会議での発表前
  • 営業先に行く前のトイレの中

普段とは違う行為を行わないといけない時、
あがり症は決まって発症します。

つまり、「あがる」とは気分が高ぶることと同じように
本来下にあるはずの身体の重心が上に「あがって」しまっている状態です。

身体症状が「あがった」状態を元に戻すことで
あがり症も抑えることが可能です。


あがった状態はそう簡単には戻らない

あがる場面が過ぎ去ればあがり症は元に戻ります。
しかし、あがる場面の最中にあがり症をもとに戻すことは難しいです。

また、あがる場面の直前、もしくはそれ以前の方が
あがってしまうという方も多くいます。

そのため、あがり症の克服には、
・あがってしまう本番の時
・本番までにあがってしまう時

これら2つのケースに対するあがり症の克服法を実践しなければなりません。


本番にあがってしまう症状に対する克服法

本番を迎えると、あがり症がなくなる人と
あがり症が継続して状態を維持する人の2つのケースがあります。

前者は、あがり症の克服法を実践している方、
後者は、まだあがり症を実践できていない、もしくは実践してもまだトレーニングが足らない人。

大抵は、本番を迎えたらあがり症は収まります。

それは、本番の「終わりが見えてきた」からです。
見えない恐怖というのがあります。

ゴールが見えないまま、分からないまま、
走り続けることはできますか?出来ないと思います。

あと何分で終わる。あがり症から解放される。と
本能的にも頭が理解できているため、あがり症は自然となくなります。


本番までにあがってしまう症状に対する克服法

本番までの間にあがってしまう症状は、その不安に思うことを
解消していく必要があります。

あがってしまうのは、何か上手くいかないことが頭を過るため
身体症状として現れます。

そのため、事前の準備を徹底していきましょう。


わずか1日3分のあがり症を克服する方法があります

「あがる」状態についてご紹介してきました。

気持ちが高ぶる、意識も高ぶる、緊張も高ぶる、
身体症状が高ぶった状態がつまり「あがり」の正体です。

このあがりを抑えるのは難しく、トレーニングを積まなければ
コントロールすることは至難の業です。

そこで、効果的なあがり症を克服する方法をご紹介します。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の自宅で出来るトレーニング法とは?

あなたも、あがり症を克服して、
1人でいる時と変わらない平常心で臨みたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ