話題が見つからずあがってしまう人必見!あがり症克服法があります


何を話していいか分からない・・・
もうこんな悩みでストレスを抱える必要はありません!

話題が見つからないのには理由があります。

誰もが悩む、人とのコミュニケーション。
あなただけが特別悩んではいません。

ここでは、話題が見つからない理由から
人前であがってしまうあがり症を克服する方法までご紹介します。


コミュニケーションの主役は常に相手

「何を話そう・・・」なんて考えるのは今日で終わりです。

何を話そう、と考えて友達に会いますか?
友人と会うとこれもあれも話したいと考えるはずです。

「何を話そう」と考えることで、話す内容は限定されてしまいます。
だからこそ、あがってしまい、言葉が出てこなくなります。

コミュニケーションの主役は常に「相手」にあります。
相手が興味を持ちそうな話題を提供し相手を中心にして話を進めることがポイントです。

そうすれば、あなたが話題を見つけようとしなくても
相手が自然と話してくれるから、会話も続きます。

何を話そうかとあれこれ考えてしまうのは、自分の不安感を解消するための行為でしかない。
人はあなたが準備したとおりには動いてくれません。


話題は見つからないわけではない

話題が見つからないのには理由があります。


あなたの話に相手が興味がないのは当然

「話題が見つからない」
「何を話していいのかわからない」

あがってしまう人のキーワードですが、上記全て自分本位の考えです。
話しの意識が自分に向けられているため、話題は一向に見つかりません。

相手がつまらない顔をするのは、あなたの話だからです。
会話も成立しないどころか、二度と会いたくないと思われてもおかしくありません。

相手を主役にし、相手が興味を持つ話をしなければ
気持ちの良い会話は続きません。話題も見つかりません。


話題は目の前にいる人の中にある

相手が何を話したいか、相手中心に会話を広げることが重要です。
人は誰でも自分の話をしたい生き物です。

相手の話なんて聞きたくはありません。
そのため、自分のことを中心に話題を探そうとしても見つからず、
見つかっても相手にとっては楽しくない会話になります。

そのため、相手が自然と話をする環境にするために
会話は、質問することから始めましょう。

質問上手になることは会話スキルの基本です。
質問さえできるようになれば、会話は窮屈なく続けることも
話題をどんどん広げることも可能です。


自宅で1人こっそり出来るあがり症克服法があります

話題が見つからない理由から相手中心に会話を広げる重要性についてご紹介しました。

会話は相手がいて初めて成立します。
自分のことばかり考えても人はいつの間にか距離を置き始めます。

そうならないために、相手中心に会話を展開し、
そのための質問力を身に付けることがとても大切です。

しかし、それでもあがってしまうあがり症の人に克服法をご紹介します。
自宅で1人こっそり簡単に出来るあがり症克服法とは?

あなたも、あがり症を克服して、
会話をストレスなく気持ちよい話にしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ