あがり症で話すことが苦手な人の問題点とは?


あがり症で話すことが苦手になってしまう方は多くいます。

話すこと自体苦手ではなかったのに、あがり症であるという理由で
苦手になってしまう方もいるようです。

では、あがり症になってしまい話すことが
苦手になる人の問題点は何が考えられるか?

問題点を浮き彫りにすることで
あがり症を克服するヒントが見えてきます。

ここでは、苦手になる問題点と
あがり症を克服する方法までご紹介したいと思います。


人と話すことが苦手な人の問題点

苦手な人、苦手になってしまう人には共通点があります。

1つは「真面目な人」です。

相手のことが必要以上に気になり、

「変に思われないか」
「相手が突然無口になったのは私のせいじゃないか」

相手は全く気にもしていないのに
相手の表情や言動を敏感に感じ取り、気になって自身の行動を見直してしまう。

・失礼なことを言ったら嫌われる
・人が嫌がることをするような人間に思われたくない

つまり、人と話すことが苦手な人の問題点は、
相手を気にするあまり、会話を自身で窮屈にしてしまい
いつしか話すことが苦手になってしまうことです。


あがり症はドキドキや震えなどの身体症状

あがり症とは、ドキドキや震えなどの身体症状を指します。
不安や嫌悪などの感情によって反射的に出てしまうもので本能的なものです。

ネガティブな感情の側面にはネガティブな思考が存在します。

身体症状はネガティブな思考と感情から起こります。

あがり症の原因は、相手にどう思われるか、ネガティブな感情からくる不安や恐怖、
他者からの評価を気にするあまり身体症状に異常をきたします。

相手に移る自分の姿を気にし過ぎている自意識、自分を守ろうとする強い意志が
ぶつかり合い、身体症状の震えとなって現れます。


会話が窮屈になり楽しめなくなる

相手のことを気にするあまり、身体症状に異常が現れる。
それはあがり症として現れ、次第に会話が窮屈になり楽しくなくなる。

この負のスパイラルから抜け出せなくなり、
自分の殻に閉じこもって悩みを深めてしまいます。


あがり症を克服する1日3分のトレーニング

会話が苦手になる人の問題点についてご紹介しました。

あがり症が発生するのは過程であり、発生には理由、原因が存在します。
その1つが今回の問題点になります。

他者のことを気にしなくなることは難しいです。
それは真面目であればあるほど難しく深刻です。

しかし、あがり症を克服することで
他者のことを気にしてもドキドキや緊張の身体症状はなくなり、
会話を楽に楽しむことが可能です。

元アナウンサーが提唱する、
1日3分の自宅でできる簡単なトレーニング法とは?

あなたも、あがり症を克服して身体症状を抑え
他者を気にしても堂々と会話を楽しめる日々を過ごしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ