苦手な人でも緊張しない上手く付き合う方法とは?


あなたは、苦手な人を見かけると
緊張して上手く付き合えなくなる経験をしたことはありませんか?

・ビジネスの現場で苦手な人がいて商談まで持っていけない
・会社内に苦手な上司がいて上手くコミュニケーションが取れない
・ご近所で苦手な人がいて上手く付き合えない

様々な人間社会の中で、「苦手な人」というのは必ず存在すると思います。
そんな人に限って、あなたの人生を大きく左右する場面に直面します。

苦手な人と上手く付き合うことでどれだけ人生が豊かになることか。
何度考えたことでしょうか。

しかし、苦手な人でもあるコツを抑えさえすれば
緊張せずに付き合うことは可能です。

ここでは、苦手な人との付き合い方のコツと
緊張しない克服法までご紹介したいと思います。


「苦手」の感情発生原因は?

まず、「苦手」、「嫌い」と考える感情はどこからきているのでしょうか。

大抵の場合、相手とコミュニケーションを取った際に
上手くいかず、勝手にネガティブな感情を連想させてしまうことが主にあります。

つまり、ネガティブな感情を作り出すのはあなたであり、
相手は何も感情を抱いていないことがほとんどです。

虚像であり、勝手な感情になります。

この感情に気づかないまま、「あの人は苦手だ」と暗示をかけてしまいます。
この積み重ねによって、暗示は強固なものになりいつしか緊張へと変わっていきます。


苦手な人や嫌いな人と上手く付き合うコツ

それでは、ネガティブな感情を抑えるためにはどうしたらよいのか?

この苦手、嫌いという感情を180度変えるおススメの方法があります。
それは、話す「言葉を変える」という方法です。


相手の特徴を言葉にする!

まず、「言葉を変える」というのは、嫌いだ、苦手だと
自分の思うがままの感情を言葉にするのではなく、相手の特徴をポジティブに言葉にする方法です。

例えば、相手が神経質な人の場合、

「あの人は、神経質で細かい指摘をするうるさい人だ」

「あの人は、マメで隅々まで見渡せる気配り上手だ」

相手が、すぐに怒り出す人であれば、

「あの人は、すぐに怒る怖い人だ」

「あの人は、私のために怒っている、成長させようとしている」

相手の存在をよい方向に180度変換し、
特徴を言葉にすることであなたの頭はネガティブからポジティブな感情としてインプットされます。

この方法はポジティブな感情を脳にインプットすることが大切で、
ポジティブな感情になると苦手意識(ネガティブ)も収まる傾向にあります。


言葉の順番を変える!

次に、脳の特徴を活用した方法になります。
脳というのは、後半の言葉を記憶するという特徴があり、
言葉の順番によっては脳に多大に記憶されてしまいます。

例えば、
「あの人は小言が多くうるさい人だ」

「あの人は小言は多いが、仕事は出来る人だ」

といった、ネガティブに感じつつも
最後はポジティブな感情で終わらせることで脳はポジティブな感情がインプットされ、
相手に対する印象もがらりと変わってきます。


人前で緊張しない根本的な克服法があります。

苦手な人、嫌いな人でも緊張しないコツをご紹介してきました。

緊張してしまうのは、あなたの作り出す感情が左右しており、
脳の持つ特徴を活用することでネガティブからポジティブにすることも可能です。

意識を変えることで相手に対する考え方も変えることが可能です。

しかし、それでも人前で苦手な人がいると緊張するという人のために
人前で緊張しない克服法をご紹介します。

わずか1日3分の緊張しない方法、元アナウンサーが提唱する
自宅で簡単なトレーニング法とは?

あなたも、苦手な人が現れても緊張しない、
堂々とした「出来る人間」になりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ