緊張して手の震えが止まらないあなたへ


大事な場面、ここぞって時に手の震えは起きませんか?

  • プレゼン前から手の震えが止まらず、本番はもっとひどい
  • 手が震えると緊張していると思われて恥ずかしい
  • 何をやっても手の震えが収まらない

手の震えはマイクを持っていても起きるため
周りに見られてしまうのではないかと考えるとなおさら震えが収まらなくなり、
終始震えっぱなしになることが多々ある。

毎回起きてしまうので、
抑止力が見つからず、プレゼンへの苦手意識が高まるばかり。

では、なぜ緊張すると手が震えるのか、考えたことはありますか?

震える原因をまず知ることで克服法は見えてきます。
やみくもに克服法を探しても遠回りになるだけです。

手が震える原因から緊張を抑える方法まで
ご紹介していきたいと思います。


手が震えてしまう原因

まず、手が震えてしまう原因には、
自律神経のバランスが崩れてしまうことが1つ考えられます。

どういうことかといいますと、緊張状態=「興奮状態」だと言えます。

興奮状態は、交感神経が刺激され、筋肉を制御しきれなくなり
結果手が震えてしまいます。

手の震えを抑えるためには、
緊張状態を少しでも抑える必要があります。

緊張状態は、「普段できること」「本番前にできること」「本番」の3つ克服法を
取り入れることで抑えることができます。


緊張しない方法 普段できること

まず、普段できることについてご紹介します。

それは、簡単に言いますと「意識すること」です。
自分は緊張しやすい体質なので意識して克服する必要がある、と。

具体的には、
・呼吸法
・練習する

呼吸法とは、緊張しない呼吸法を取り入れること。
「腹式呼吸」が緊張しない呼吸法として提唱されています。

腹式呼吸は体の興奮状態を和らげる効果があるとされています。
また、自律神経のバランスを整える効果もあるため緊張しやすい体には推奨されています。

練習するとは、日頃から「説明する」練習をすること。
説明する際は、極力条件を課して行った方が効果的です。

「シンプルに伝える」や「制限時間を設けて説明する」など。
とにかく、言葉を口に出して、話す練習をすれば本番違和感なく話すことが出来ます。


緊張しない方法 本番前にできること

本番前にできること、とは、本番のプレゼンを想定して
起こりうる問題点をつぶしておくことです。

例えば、会場までの行き方を確認しておくや
当日何を使ってプレゼンするのか、プレゼン資料は出来上がっているか、
など本番当日、スムーズにプレゼンが出来るように「準備しておくこと」を
箇条書きにして、確認しておくことになります。

この本番前にできることを十分なくらいやるだけでも
本番の緊張はほぼ皆無に近づきます。

ぜひ、本番を想定して、不安点をつぶしておきましょう。


緊張しない方法 本番当日にやるべきこと

本番当日は、今までの準備が出来ているか否かで
緊張するかどうか決まるといっても過言ではありません。

本番当日やることで強いて言うなら、
「深呼吸」をしっかり行うこと。

それだけ?と思われるかもしれませんが、
脳に十分な酸素が行き渡らなければ、頭も真っ白になってしまいます。

リラックスして、普段通りに行えば、
おのずと緊張はほぐれ、手の震えもなくなるでしょう。


1日3分の自宅で簡単な緊張しない方法

手の震えについて、原因と克服法をご紹介しました。

手の震えは、遺伝や先天性ではなく、人として当たり前の生理現象です。
その原因を考え、適切な対処法を施せば震えはいつの間にか消えてなくなっています。

しかし、それでも克服できない場合がありますが、
元アナウンサーが提唱する自宅で簡単な緊張しないトレーニング法があります。

あなたも、手の震えを抑え緊張しない方法をマスターして
今までにない、気持ちが楽になりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ