過去のトラウマが原因で人前に立つと緊張してしまうあなたへ


  • 過去の辛いトラウマが原因で人間不信に。
  • コミュニケーションもまともに取ることが出来ない。
  • 過去のトラウマは変えることも出来ないのでずっと緊張し続けるのか。

過去のトラウマが辛ければ辛いほど心に残り、頭からも離れません。

その原因が人によるもの、であれば対人恐怖症となり、
人を見ただけで、緊張してしまう。

しかし、過去と向き合ったことはあるでしょうか。
過去は過去であって、今のあなたは過去の自分と同じでしょうか。

この記事では、過去のトラウマから抜け出せない方に
人前で緊張しない方法をご紹介していきます。


過去のトラウマはずっとは続かない一過性のもの

何かやろうとした時にふと下記ことを連想したことはありませんか?

・また、緊張してしまうのではないか?
・また、あがってしまうのではないか?
・また、同じ失敗をしてしまうのではないか?

「過去の自分がこうだったから、また同じことが起きてしまうはず」
これが、あなたの可能性に蓋をしている原因です。

しかし、果たして過去の経験が今後も起きるのでしょうか?
過去の苦い経験は、未来まで続くことは難しいです。

なぜなら、人間は時間の経過とともに経験を積み、変化し、成長していくため
未来はいくらでも変えられる。変える要素を持っています。


結局過去の「虚像」を作り出すのは自分

過去に縛られるのは自分だけです。

周りの人、他人は何も覚えていなければ何も感じていません。
問題を大きくしているのはすべて自分であり、とんでもない虚像を作り出しています。

その虚像の影に隠れて、本来の自分をさらけ出す勇気がないだけ。
ほんの少しの一歩を踏み出すだけです。未来は一気に広がります。


過去のトラウマは変えられる

過去はすでに過ぎ去ったこと。
捉え方1つで、過去に対する見方も変えられます。

例えば、試合で負けた過去があったとします。

優勝決定戦、勝てれば初優勝。しかし、優勝できなかった。
でも、過去の失敗があったからこそ、もっと上を目指すようになったのではないでしょうか。

人間を成長させるのは、成功体験ではなく、失敗からすべては学びます。

あがり症も同じく、自分はあがり症で悩んだからこそ、
人一倍改善、克服法を実践したはずです。

過去をプラスに捉えると、未来は明るくなります。
なぜなら、未来は今この瞬間の延長だから。


「今」この瞬間がすべての始まり

未来を変えるのは、過去ではなく「今」この瞬間からです

・緊張する自分が嫌いなら。今から落ち着ける自分になればいい
・自分のことが嫌いなら、今から好きになればいい

過去に縛られていては何も変わりません。
変わりたいと考えるのなら、今の自分を変えましょう。

ほんの少しの勇気で構いません。
変わろうとする勇気と踏み出す一歩で未来は大きく変えられます。


わずか1日3分の人前で緊張しない方法があります

過去のトラウマが原因で緊張してしまう内容についてご紹介してきました。

過去は変えられます。
考え方を変えるだけで、今までの捉え方まで変えることは可能です。

あとは、あなたの行動次第です。
そこで、具体的な人前で緊張しない方法をご紹介したいと思います。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の自宅で出来るトレーニング法とは?

あなたも、過去のトラウマから抜け出して、
過去に縛られない輝かしい未来を歩みたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ