緊張で話が続かない人必見!簡単な話題の作り方があります


話しが続かず緊張してしまって、さらに話が続かない・・・
こんな負のスパイラルから抜け出せなくなることありませんか?

・そもそも話の話題がないから話が続かない
・かといって相手に話してもらうのも気が引ける
・自力で頑張ろうとしても解決策が見当たらない

このように悩む人はとても真面目な人です。
真面目さゆえに自分を窮屈にしています。

しかし、話をする場面で真面目になる必要なんてありません。
相手が求めているのはそんなことではありません。

ここでは、話題の簡単な作り方と
誰にも知られず自分で出来る緊張しない克服法をご紹介したいと思います。


話題はあなたのごくごく身近にある

緊張してしまう人の共通の原因は、自分の中に独自の決めつけやルールがあって、
そのルールを守ろうとするために視野が狭くなる、窮屈になることです。

話題、話をする上でルールなんて作る必要はありません。
人は十人十色、いろいろな人がいます。
すべて決めたルールに当てはまるかと言ったら当てはまりません。

会話には柔軟性も必要であり、話題はいくらでも作り出せるものです。


人は大層なことを話題にしているわけではない

「相手はこんな話に興味がないかもしれない」
「話の内容はきちんとしたものでないければならに」
「話は共通するものでなければならない」

上記の感情が会話中に芽生えたことはありませんか?

これらの言葉が脳裏に浮かぶ間は、あなたは意識がそっちに行ってしまい会話を楽しめません。
さらに、相手のことも放置していることになるのでお互い楽しめません。

深く考える必要はありません。
ありのままの自分をさらけ出せばよいのです。


話題は「きどにたてかけし衣食住」から

話題の作り方の基本で「きどにたてかけし衣食住」
という言葉があります。

これは何かといいますと、

き = 気候、天気 の話
ど = 道楽(趣味) の話
に = ニュース の話
た = 旅 の話
て = テレビ の話
か = 家族 の話
け = 健康 の話
し = 仕事 の話
衣 = ファッション の話
食 = 食事 の話
住 = 住まい の話

話題は「きどにたてかけし衣食住」に当てはめて話せば
いくらでも作り出すことは可能です。

どれも新聞やテレビ番組で見かける内容で難しい話題は1つもありません。
日頃気になる話題を会話に盛り込めばよいのです。

「きどにたてかけし衣食住」を覚えておくだけで
話題には困らなくなります。


自分の恥ずかしい話や失敗した話で絆を深める

さらにこんな言葉があります。

「はしにたてかけし衣食住」

「は」と「し」が新たに加わっています。

は = 「恥ずかしい話」
し = 「失敗した話」

自分の恥ずかしい体験談や話は大きな自己開示になり、
仲の良い人ほど自己開示をし合うため、
会話の中で、「は」「し」を織り交ぜることで一層、関係は深まります。


自宅で1人こっそりできる人前で緊張しない方法

話題の簡単な作り方をご紹介してきました。

会話の内容は相手はさほど気にしない事、
「きどにたてかけし衣食住」さえ覚えていれば話題は無限に広げられることは可能です。

しかし、それでも人前で緊張してしまう人に克服法をご紹介します。

誰にも知られず1人こっそり出来る簡単なトレーニング法とは?
元アナウンサーが提唱するわずか1日3分の方法。

あなたも、人前で緊張しない方法を会得して
話題に困らない生き生きとした会話を楽しみたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ