人前で緊張しない!緊張が起こる3段階の原因とは?


あなたは以下の悩みをお持ちではありませんか?

  • 人前に立つと必ず緊張してしまう
  • 緊張を治したいと思っている
  • しかし緊張は治らないと思っている

あなただけでなく、誰もが抱える大きな悩みです。
大抵の人は緊張します。常に人前で話すアナウンサーでさえ緊張はします。

「緊張」するメカニズムを理解し、
なぜ人は緊張してしまうのか?原因を突き詰めれば、
人前で緊張しない方法が見えてきます。

ここでは、「緊張」が起きる原因を3段階に分けてご説明し、
人前で緊張しない方法までご紹介いたします。


「緊張」には3段階の状態が存在する

緊張といっても常に緊張しているわけではありませんよね。

人前に立ったり、スピーチをしていたり、
何かをきっかけに緊張が引き起こされますが、
その原因は3段階に分けられます。


本番に起きる緊張 プレゼンなどが始まった瞬間から終わるまで

大抵の人が緊張するのが「本番当日」
本番に私は強い!と聞く人もいますが、大抵は緊張しています。

あがり症克服本のほとんどは、本番当日にフォーカスした
克服方法になりますが、しかし、緊張には本番当日の克服法にフォーカスするより
もっと大事な場面が存在します。


本番2時間前に起きる緊張 プレゼンの2時間前

もっともあがり症を抑える、人前で緊張しない方法として効果的なのが
本番の2時間前に起きる緊張になります。

意外に本番が始まってしまうと緊張が話しているうちに
時間が経過するうちに和らぐ
、と言いますが、
最も緊張するのは、この「本番2時間前」になります。

この対策なくして人前で緊張しない方法は成り立ちません。


依頼を受けた時に起きる緊張

最初に緊張が引き起こされる原因は、
何かスピーチやプレゼンなど、依頼を受けた時に緊張は起きます。

この最初の依頼を断れば今度の緊張は起きずに済みますが、
会社内での出世や付き合いなどさまざまな要因が絡み合って
断ることも難しい時があります。

この依頼を受けた時はさほど緊張は起きず、
大抵は、緊張しないだろうと楽観的な考えが先行するため
気にする必要はありませんが、
急遽、告げられた依頼は緊張してしまうため、気を付けた方がよいです。


本番2時間前での克服法

「本番2時間前」にフォーカスして、
人前で緊張しない方法と対処法についてご紹介します。


飲食には注意!

まず、飲食をする場合、刺激物は避けましょう。
緊張の原因には、自律神経のバランスの崩れが挙げられます。

刺激物を取り入れると一時的にも自律神経は崩れ、神経が高ぶり
余計に緊張してしまいます。

刺激物として、コーヒーやタバコがあげられます。
刺激物の代わりに、ミネラルウォーターやココアを飲む、のど飴を持ち歩くことをおススメします。


パソコン準備、下見は事前に終わらせる!

プレゼンなどでパソコンが必要な場合は
正しく機動するか事前に確認しておきましょう。

当日動かなくなり、緊張がさらに高まる原因となります。

さらに、会場の下見も事前に行っておきましょう。
思っていたより会場が広かった、ただそれだけでも緊張は引き起こされます。

緊張が引き起こされる原因を事前に潰せていたら
緊張は半分以下、いえそれ以上に緊張は抑えることができます。


人前で緊張しない方法を体系的に解説した克服法があります。

人前で緊張する3段階についてご紹介しました。

いかに2時間前の対策をするかで
人前で緊張するか、しないかが決まると言っても過言ではありません。

しかし、緊張しない方法を体系的に解説した克服法があります。
1日3分の自宅で出来る簡単なトレーニングで克服する方法とは?

あなたも、人前で緊張しない方法を会得して、
堂々とした誰にも負けない自信のある自分に生まれ変わりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ