人前で緊張してしまう人には決定的な特徴があります!その特徴とは


人前に立つと決まって緊張してしまう。
そんな人をよく見かけます。

なぜ、人前に立つと緊張するのか?
ここについて考えたことはありますでしょうか。

誰もが緊張していては話しません。
しかし、誰でも緊張はしています。

ではなぜ緊張するのか。
それは、人前で緊張してしまう人とそうでない人、
決定的な特徴の違いがあります。

この記事では、人前で緊張してしまう人の特徴、
人前で緊張しない方法をご紹介していきます。


人前で緊張する人の特徴とは

人前に立って、スピーチやプレゼンなど行う際、
下記の事項を考えたことはありませんか?

・ちゃんと話せるか不安
・かっこ悪い姿は見せたくない
・手足がまた震えるかも
・頭が真っ白にならないで欲しい
・馬鹿にされないか、
・声がどもったりつまったりしないか
・ホワイトボードに書く時手が震えないか
・変な質問はしないで欲しい
・頭がいいと思われたい!

人間である以上、自尊心や恥じらいは生まれ持ち持っているもの。
自分をよく見せようとする行為や、恥ずかしい姿は見せたくないと思う気持ちは
誰もが持ち合わせる感情です。

しかし、上記全ての事項に共通することがあります。

それは、「自分のことしか考えていない」ということ。

人前に立つということは、他の誰かに
あなたが話すことを伝える、もしくはコミュニケーションを取る場だと思います。

その場で、自分のことしか考えていないとなると
相手に何を伝えれるのでしょうか。

緊張してしまうのは、気持ち、心が自分に向けられており、
相手に向けられていないため、緊張してしまうのです。


相手に心が向けられていたら緊張する暇なんてない

目の前の相手に心を向けることで緊張はなくなります。

本当に相手に心を向けているなら、自分のことはどうでもよくなり、
緊張する暇もなくなります。

例えば、高台のアスレチックに遊びに家族で行ったとします。

高台のアスレチックであるため、結構な高さを行き来します。
下を見ると危険と隣り合わせ。相当に緊張することでしょう。

この時点では、心は自分に向けられています。

ところが、家族の誰かが、下に落ちそうになる危険な目に合っている。
きっと助けに一目散に駆けつけると思います。

今まで、恐怖を感じていたとしても
大切な家族が危険な目に合うとそんな感情はお構いなしに誰でもなります。

この助ける行為時は心は自分ではなく「相手」に切り替わります。

つまり、心が自分から相手に切り替わると
緊張をする暇もなくなり、緊張はなくなります。


人前に立って相手フォーカスで話す

相手に心、意識を向けると今までの緊張はなくなります。

  • 相手に興味を持ってもらうにはどうしたらよいか
  • この話は相手にとって分かりやすいか
  • この話で役に立つはず

プレゼン、スピーチの段取りで、相手主体に物事を考えるように
トレーニングをするだけで緊張はほぐれ、本番当日でも
堂々と人前で話すことができるようになるでしょう。


誰にも知られず1人こっそり出来る緊張しない方法があります

人前で緊張する人の決定的な特徴、違いをご紹介しました、

誰でも最初は自分フォーカスに考えがちになります。
しかし、本来も目的も相手に何かを伝えるために人前に立っているはずです。

この決定的な特徴、緊張しない人との違いを理解できれば、
今までと全く違う視野が目の前に広がることでしょう。

特徴が理解できたところで、より具体的な人前で緊張しない方法をご紹介します。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の誰にも知られず出来るトレーニング法があります。

あなたも、人前で緊張しない方法を実践して、
堂々とした、誰からも信頼される人間になりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ