話し手が緊張すると聞き手も緊張?人前で緊張しない方法があります


人前で話し始めると必ず緊張してしまう。

そんな悩みをお持ちではありませんか?

話し始める前からずっと緊張してしまっている方もいるかと思います。
むしろ話し始める前の方が緊張するという方が多い傾向にあります。

実は、人前で緊張しない方法があります。

この記事では、人前で緊張してしまう原因と
人前で緊張しない効果的な方法をご紹介していきます。


人前で緊張すると知らない間に「ミラー効果」が働いていた!

「ミラー効果」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。

ミラー効果とは、2人以上の人が集まった時、
ある動作をしたら、別の人まで「つられて」同じ動作を自然としてしまう。

「鏡のような」動きをしてしまうことからミラー効果と呼ばれます。

実は、人前で話し始めると
このミラー効果が知らない間に「話し手」と「聞き手」の間で起きています。


話し手が緊張すると聞き手も緊張している?

話し手のあなただけが緊張しているわけではない。

その話を聞いている聞き手も同じくらい緊張しています。
話し手の語り口調と、聞き手の聞き姿勢はミラー効果があり、連動します。

両者がリラックスした状態の方が、心を開けてコミュニケーションが取れます。
つまり、話し手の緊張を取らない限り、聞き手の緊張も取れず、
良好なコミュニケーションが取れなくなる
ことになります。

それでは、話し手(あなた)の緊張を取る、ほぐすためにはどうしたらよいか。
テクニックやスキルは必要ありません。

必要なことはただ1つです。


話し手の緊張を取る方法

あなたが営業マン、もしくは服屋の店員だとします。

お客さんが商品を買ったり、契約したりする時、
自然と感じ悪い店員より感じの良い店員から購入したくなるはず。

本能的にも誰でも感じの良い人から何かサービスを受けたいと思うと思います。

これと同じように、
この人(話し手)は感じが良い、と好きになってもらうことがまずは大切です。

「この人からもっと話を聞きたい」と思われることです。
「この人にあとで話しかけてみたい」と思われる人になれれば、
良好なコミュニケーションは築けたと言っても過言ではありません。

「感じの良い人」になる
たったこれだけで、聞き手の緊張は取れます。


自宅で1人こっそり出来る人前で緊張しない方法があります

聞き手の緊張を取り除く方法についてご紹介してきました。

話し手、聞き手が存在して初めて成り立つプレゼンやスピーチの現場では、
どちらか片方が緊張していると、場全体が緊張してしまいます。

話し手、聞き手の緊張が取れた時、場の空気は一気に良い方向をむき、
話しやすい空間を作り出すことができます。

緊張してしまう理由は分かりました。
しかし、具体的な方法がまだ分からない。

そんな方に、人前で緊張しない具体的な方法をご紹介します。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の自宅で簡単に実践できるトレーニング法とは?

あなたも、場の緊張を取り除く感じの良い人になって、
誰からも好かれる人間力の高い人間に成長したくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ