沈黙が怖くていつも緊張してしまうあなたへ


会話をしているとほとんどの確率で起きる「沈黙」

よく「間」は大切だ、と何かの本で見かけますが、
人によっては「魔」の「間」になります。

それほど、沈黙は恐怖を覚える
なかなか慣れない体験です。

慣れるためには体験し、克服するための
コツを会得する必要があります。

これは、何が自分に合うかはいろいろ試す必要があります。

  • 話を逸らせて沈黙を回避する方法
  • 質問を間にはさみ相手に話してもらい沈黙を回避する方法
  • 話が途切れないように工夫する方法
  • 「間」を1つの会話のテクニックとして受け入れる方法

さまざまな方法がありますが、
あなたに合った方法は実践の中で使い分けていく必要があります。

ここでは、沈黙を恐怖ととらえるあなたに
さまざまなシーンに合わせた沈黙回避法をご紹介したいと思います。


沈黙を回避する克服法

まず、沈黙が起きそうになった時、
下記について留意するようにしてください。

・焦らない
・次の展開を考える
・相手に話をしてもらう

この点を意識して、克服法をいくつかご紹介します。
あなたに合った、違和感のない方法を探してみてください。


相手に質問して話を続ける方法

会話は言葉のキャッチボールです。
キャッチボールをするためには相手に「質問」する必要があります。

会話の中で必ず「質問」できるタイミングが発生します。

相手)今日も雨ですね。梅雨入りしたかもしれない。
あなた)雨はいやですね。あなたも雨は嫌いですか?

上記の例で、あなただけの話で終わってしまうと
会話はその時点で終了します。

相手に対して質問することで
沈黙はなくなり、会話は自然と続きます。

無理に話そうとせず、質問を投げかけて
相手に話をしてもらうことが沈黙を作らない秘訣です。


必ず語尾に「?」で返答する方法

「質問」することに似ていますが、
質問ではなく、あなたの疑問に相手が自然と手を差しのばす、そんなイメージの方法です。

あなた)ここの美容室、口コミはどうだったかな?
相手)ここは口コミも多く、人気の高いお店でしたよ。

ここでのポイントは、相手が話したくなる内容について
「?」で話すことです。

全く興味のないことについて話しても
相手からの返答は得られません。


自分の意見を織り交ぜながら会話を続ける方法

沈黙が起きるのは、会話が続かないため、
その原因を効果的に解消する方法がこちら。

相手)ここの美容室はとてもよかったよ
あなた)はい、私も一度きたことがありますが、スタッフの接客がとてもよかった。もう一度来たいですね

ポイントは、あなたなりの意見を混ぜること、感想でも構いません。
その意見に対して、さらに相手から被せるように意見が返ってくるので、その繰り返しになります。


次の展開を考えながら会話を続ける方法

会話に慣れてきたら、会話をしながら次の展開を予測して話すという
上級者向けの方法を取り入れるとより沈黙はなくなります。

相手)今日のランチは○○のお店に行こうと思ってい
あなた)そのお店有名だもんね。(この人はグルメ通なのかな、あの店についても知っているかな?)
    そういえば、△△のお店って知っている?

関連した内容について、知っていそうな、共感できそうな話を
つなげることで、沈黙をなくすことができます。


1日3分の自宅で簡単なトレーニングで緊張しない方法

沈黙地獄から少しでも逃れる、克服する実例をご紹介してきました。
沈黙をなくすためには、会話を続ける必要がありますが、

それでも「会話」に対して緊張する人は多くいます。
しかし、1日3分の自宅で簡単なトレーニングで緊張しない方法があります。

元アナウンサーが提唱するあがり症を克服する方法。

あなたも、沈黙からの恐怖に脱し緊張しない方法を会得して
堂々と話しができる豊かな人生を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ