無言の時間が耐え切れず緊張してしまうあなたへ


無言が続くとどうしても緊張してしまう。
無言になると何を話したらいいか分からなくなる

そんな方は多くいらっしゃいます。

「無言」「沈黙」は話しが続かない、話が面白くない
その結果の状態、ネガティブなものだと捉われがちです。

しかし、使い方によっては話し方のプロとも思われるケースがあります。
無言になって、あなたが緊張してしまうのはネガティブに考えるから。

考え方を変えれば、沈黙も緊張から話しのプロに慣れるのも遠くはありません。

ここでは、無言、沈黙の使い分け方、訓練の仕方から
緊張しない克服法までご紹介したいと思います。


無言、沈黙の使い分け方

まず、一般的な無言、沈黙を見てみます。

例えば、話が途切れる、話が続かない、
そういった場合、無言が続いてしまいます。

これは、初対面の人に見られるケースです。
相手のことがあまり分からず、情報も引き出せないまま時間だけが過ぎる。

一方で、敢えて無言、沈黙を使う場面があります。
それが、「プレゼンの現場」です。

話し手が話している際、時折、何も話さない時があります。
その時は、聞き手に対して問いかけをしているケースです。

このテクニックを使うと、聞き手は
話しの内容が印象的に残り、頭に残るケースがあります。

話す場面、話し方によって
無言、沈黙というのは効果的な話し方テクニックにもなりえます。


無言の時間に耐える訓練

プレゼンの現場で使う無言のテクニックは相応の努力が必要です。
ここでは、無言の時間を耐える訓練についてご紹介します。

多くの人は、待ち時間にネガティブな雑念が浮かんでしまいます。

・相手は何を考えているのだろうか
・私のことを面白くないと思っているのか
・時間が窮屈だと感じていないだろうか

無言の時間が怖くて人と対面することが苦痛になってしまうのです。

ここで、無言の時間を耐える訓練は、
無言をぐっと我慢し、穏やかな表情で相手の反応を待つという訓練です。

もし待つのが辛い時は、指を組み合わせたり、軽くグーパーしてみると
脳に新しい刺激が伝達され落ち着くことが可能です。

もちろん、最初からできるわけではありません。失敗もするでしょう。
ダメだったところに目が行って自己嫌悪に陥ることもあるかもしれない。

しかし、それはマイナスをプラスにかえるための苦痛ですから、しばらくは耐えましょう。
そして、出来なかったことに注目して落ち込むのではなく、
できたことに注目して、大げさすぎるくらいに自分を褒めましょう。

そうすれば、無言の時間も・心地よいものとして脳がインプットされます。


自宅で1人こっそり出来る緊張しない克服法

無言の時間の使い分け、耐える訓練方法までご紹介しました。

無言の時間の使い分けは、プレゼンのテクニックにつながるため
ここでは耐える訓練のみご紹介しました。

どのような場面においても無言の時間はやってきます。

その時、ただ待つのではなく、意識しながら待ちましょう。
その積み重ねによって、おのずと無言の時間の過ごし方が見えてきます。

しかし、それでも緊張してしまう方には緊張しない克服法をご紹介します。
自宅で誰にも気づかれず1人で出来る緊張しない方法。

元アナウンサーが提唱するわずか1日3分のトレーニング法
あなたも、人前で緊張しない方法を会得して
無言の時間を操る話のテクニックを身に付けたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ