自己紹介が上手くいかないあなたへ。人前で緊張しない方法をご紹介


自己紹介が上手くいかないあなたへ

・人前に立つと緊張してしまって上手くいかない
・決まってあがって話せなくなる
・話したいことがまとまらず失敗してしまう

初めて会う人とは必ず行う「自己紹介」

本来、自己紹介は何度もやる経験があるため、
その都度練習を積んで、上手くなるはずです。

しかし、「人前に立つと緊張してしまう」

緊張も簡単に慣れることはできません。
アナウンサーでさえ、常に緊張してしまうという話を聞いたことがあります。

では、どうすれば緊張せずに自己紹介することが出来るのか。

この記事では、自己紹介が上手くいかない原因と
人前で緊張しない方法についてご紹介していきます。


コミュニケーションは心を開いた時に本当の「笑み」が見える

自分をアピールするあまり、相手を置き去りにはしていませんか?

自己紹介は相手にアピールする場です。
自分を売り込むチャンスでもあり関係を築く最初の大事なステップです。

ここで、失敗したら印象も悪いままなのは明白です。

そんな大事な場で、相手を置き去りにはしてませんか?

自己紹介で失敗してしまう典型は、
「頑張りすぎている」
ということがあります。

本当にコミュニケーションが上手くいくというのは、
お互いリラックスが出来て「笑み」がこぼれます。

固い表情、必死な症状ではリラックスはできません。
相手も当然リラックスは出来てません。

あなたがリラックスをする、
そして、相手もリラックスさせることが大切です。

そのためには、複数の相手でも全員見ながら落ち着いて話せることが大切です。


自己紹介というスピーチは「取捨選択」が大切

自己紹介では、どうしても以下のことを話そうとします。

・かっこいいこと
・立派なこと

男性は特に、大きな数字やすごいことを話したがる傾向にあります。

自己紹介はとても短いスピーチです。
せいぜい1分程度になると思います。

その1分の時間で、すべてを語れるでしょうか?
全てを語ることは、まず不可能です。

大事なことは、何を話すかではなく、
何を話さないようにするか。つまり、取捨選択をすることです。

そして、相手に印象を残すことがとても大切です。

スピーチ後、「●●を語った●です」と説明して、
相手が理解できれば、あなたの自己紹介は成功です。


自己紹介が上手く出来なかったことを緊張のせいにしない

しかし、全てが上手くいくわけではありません。

緊張してしまって、話す内容もまとめることができなかった。
失敗したこと、上手くいかなかったことは、決して緊張のせいにしないようにしてください。

緊張のせいにしてしまうと何も学びがありません。
緊張をせいにするとすべてを反省しなくなります。

失敗からしか学ぶことはできません。

なぜ失敗したのか、しっかり考えて、次回に活かす。
この繰り返しで自己紹介の精度も上がっていきます。


自宅で1人こっそり出来る人前で緊張しない方法があります

自己紹介が上手くいかない原因と重要性についてご紹介していきました。

自己紹介は子供から大人、その後にも使う年齢関係ない
相手とのコミュニケーションツールです。

この自己紹介に手を抜くとお互いの印象もぐっと変わってくるほど重要なものです。
だからこそ、上手な自己紹介が出来るように良い経験を積んでいきましょう。

それでは、人前で緊張しない方法をご紹介していきます。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の緊張しないトレーニング法とは?

あなたも、人前で緊張しないようになって、
誰もが印象に残るカッコいい自己紹介をしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ