人前での緊張を克服するには自意識過剰を克服すべし!


人前に立つと必ず緊張してしまい、
本来の力の半分も出せずに不完全燃焼で終わってしまう。

そんな経験はありませんか?

人前に立つとどんなに話に慣れた人でも必ず緊張します。
緊張しない人はいません。

緊張を克服して堂々と話をしている人とそうでない人とは
何が違うのか?この違いの1つには「自意識過剰」が作用しています。

自意識過剰を克服して、人前で緊張しない
自信を持つ克服法をご紹介したいと思います。


知らず知らずに自意識過剰になっている

自意識過剰を克服することが人前でリラックスして話せるようになる第一歩です。

・顔が赤くなってしまった
・緊張で早口になってしまった
・話しが詰まって間が出来てしまった

上記のような失敗を過剰に反応し、他人の顔色を窺ってしまう。
緊張してしまう時の自意識過剰とは、相手のことを必要以上に気にしてしまい、
自分の失敗を恥だと認識して、取りつくろうとした時に反応する症状です。

しかし、あなたが敏感になるほど、相手や周りの人間は
全く気にしていないことを知っておいてください。

驚くほど気にしていなければ、小さな失敗、出来事は見えてません。


自意識過剰は「治す」のではなく「抑える」

前述したとおり、自意識過剰とは、他人によく思われたい、他人に負けたくない
相手のことが先行して意識され、自分と他人の評価のもと、
意識が過剰になっておきる症状ですが、これらの感情から緊張が起き、あがってしまいます。

ここで、対策は4つご紹介します。


他人がそれほど気にしていないことを実感する

先にも述べましたが、他人は驚くほどあなたのことを気にしていません。
少し寂しさを感じますが、結局気にするのは自分だけです。

あなたが自意識過剰になるように他人も自分自身が自意識過剰になります。

緊張する場面においても同様ですので、
少し周りを見渡してみて他人の様子を観察してみるとよいと思います。


気を許せる相手と話す練習をする

あかの他人がいるから自意識過剰になりがちです。
初めての人に自分をよく評価されたい、いいように見られたいと思うあまり
緊張が膨らんでしまいます。

気を許せる相手に話の練習相手になってもらい、
話す練習やあなたの話し方の癖など教えてもらうとよいでしょう。


自分のお手本になるような人の話を聞く

話しの練習以上に人が話している姿を見るのも対策になります。
話を聞いていると自分と相手を重ねあわせることで
自分の自意識過剰がいかに過剰過ぎたかが見えてきます。


ビデオに撮って話している姿を観察する

もっとも効果的な方法です。
なかなか自分の話している姿を客観的に見る機会はありませんので
ぜひ試して頂きたいのですが、ここで見るポイントは2つ。

あなたが話している姿はもちろんですが、
あなたの話を聞いている相手もしっかり見ておきましょう。

反応や顔色、仕草など相手の状態を観察することで
状況を読みながら今後話をすることが可能となります。


1日3分の自宅で簡単にできるあがり症克服法

人前での緊張状態と自意識過剰との関係についてご紹介してきました。

人前に立った時緊張してしまうのは、必要以上に意識が相手に向けられるため。
さらに、自分の評価を下げたくないあまり、取り繕うとした結果、
自意識過剰になってしまっています。

他人はあなたのことは思っているほど気にはしていません。
この点を抑えておき、対策の4つのポイントを実践してみてください。

さらに、緊張状態を克服するために具体的な実践方法をご紹介します。
元アナウンサーが提唱する自宅で簡単にできるあがり症克服法とは?

あなたも、自意識過剰を克服して、
周りのことを気にする、窮屈な人生に終止符を打ちたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ