本番で緊張しない!堂々と自信のある話し方になる8つのコツ


本番で緊張してしまう人の特徴で
「自信がない」という精神的状況があげられます。

ここでは、本番でも堂々とした自信のある話し方になる
8つのコツをご紹介したいと思います。


声の出し方も話し方を左右する

声のスピード、声の大きさ、声のトーンは
声の出し方によって変化させることができますが、
聞き手からしてみたら話し方が変わって聞こえます。

当然ですが、早口だと聞き取りづらく、
声の小さいと何度も聞き直してしまいます。
声のトーンが暗いと自信がなさそうに見えてしまうため、
声の出し方を注意するだけで、聞き手の印象が格段によくなります。

あまり大きな変更を加えることは難しく、
自分の声をそのまま生かして、部分的に矯正するのがコツです。


あごの角度によって声の出やすさが変わる

人間の体の構造上、声が出しやすいあごの位置は決まっています。

あごの位置が分かったら常にそのポジションをキープしながら
発声発音の練習。常にやっていればベストポジションが分かってきます。

発声発音の練習のコツは、鏡などを使って自分の顔を見ながら練習すること。
どんな顔で練習するのかによって、聞き手の印象のことも考えながら練習すると
なお声だけでなく、見た目の印象もよくなります。


滑舌をよくするためにカギとなる音

滑舌が悪くなる原因は、舌の位置、あごの開け方、唇の形の3つが挙げられます。

これらの要素を治せば、滑舌の悪さは解消させることが可能です。
日本語は母音中心の言語ですから母音の発生発音練習をしっかりすることで
滑舌を克服する練習方法になります。


腹式呼吸にこだわる必要はない

腹式呼吸にこだわらず、深呼吸やなるべく息を大きく吸うことを意識づける。

緊張状態は、酸欠状態で過呼吸になりやすいため、
腹式呼吸で息をする!など普段から意識できてないとできるわけもなく、
とにかく大きく息を吸うことがコツになります。


発声発音練習は、声の出し方だけでなく、文章の区切り方を意識する

国語の授業の朗読などでは、声の出し方だけでなく、
文章の区切り方まで教わることがあると思います。

それと同じように、話し方でも適切に区切りながら話した方が、
聞き手も格段に聞きやすくなります。


早くても聞きやすい話のスピードがある

緊張状態になると大抵の人は早口になります。
また、緊張していなくても普段から早口になってしまう方がいます。

そんな早口を克服するコツは、区切りを意識しながら話すのが効果的。
これにより、どんなに早口でも聞き取りやすくなります。


通る声を出すイメージ

声を出すためには、息をしっかり吸っておく必要があります。
音量を増やすポイントは息を強く前に出すイメージ。


緊張しているとあなたの心は小さくなってしまっています。

自分しか見えておらず、周りが見えなくなってしまいます。
緊張している時は特に周りに意識を向けるコツを身につけましょう。


あがり症の克服は自宅で簡単に出来る!

本番で緊張しない自信をつける方法をご紹介してきました。

少しのコツややり方を変えるだけで、驚くほど話し方を変えることは可能です。
ほんの少しの変化で構いません。大きな変化は必要ありません。

では、具体的なあがり症の克服法についてご紹介します。
1日わずか3分でできる元アナウンサーが提唱するあがり症克服法。

あなたも、自信のある話し方に生まれ変わって、
今までバカにしてきた人たちを見返したくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ