人前で緊張しない方法は相手のリアクションを観察することから始まる!


人前で緊張してしまうあなたへ。
人前で緊張しない方法があります。

人前で緊張してしまうのは、
「相手」の存在が気になってしまい、異常に緊張してしまう。

それは、相手の反応、リアクションが気になるためです。

この記事では、人前で緊張してしまう原因から
人前で緊張しない方法までご紹介していきます。


人前で緊張してしまう原因について

  • 突然質問されて大抵緊張してします
  • 誰かに常に見られているようで緊張してします
  • 周りに劣りたくなくて見栄を張り、緊張してしまう

人前で緊張してしまう人なら、一度は経験したことのあることかもしれません。

これらの場面で緊張してしまうケースでの共通点があります。
それは、意識が「あなた」に向けられていること。

緊張しない人は、意識は自分ではなく「相手」に向けられています。


人前で緊張しない方法について

人前で緊張しないための方法はいくつかあります。

  • 仕事の会議などで緊張してしまうケース
  • スピーチやプレゼン時に緊張してしまうケース
  • 友人、知り合い、人間関係全般でコミュニケーションを取るときに緊張してしまうケース

さまざまなケースを想定して、人前で緊張しない方法をご紹介していきます。
方法の中でも、簡単なすぐにでも実践できる方法に厳選していきます。


周りが話している時の「聞いている人のリアクション」を観察する

人が話している時、あなたは何をしていますか?
あなたの話す出番を今か今かと緊張して待っている「だけ」ですか?

コミュニケーションを取る場面、人が話す場面では、
その都度、目的や雰囲気が異なります。

そのため、その「空気感」を肌で感じて、
何が必要とされているのか、何が話のメインになっているのか。
察知する必要があります。

人が話している時に、

・この話がうけるんだ
・この話だとすべるんだ

人が話して、周りのリアクションが良好か、悪評かによって、
場の空気は良くも悪くも変化します。

つまり、その場にいる人たちがどういうテンションで、
どういう問題意識を持って臨んでいるのか、すぐには分かりません。

そのため、周りのリアクションを見つつ
求めていることを自分が話すまでの間、しっかりまとめておく。

話の内容を準備していても、必要に応じて軌道修正させることも可能です。


人前で緊張しないために後から話すのが有利!

リアクションを見ることで場の空気感を得ることができます。
この方法は、「最初に話し出す人」は得られないメリットです。

つまり、後から話す人が有利になります。

話す順番が決まっていなければ、
最初から話すのは避けましょう。


人前で緊張しないために周りを観察する余裕を持つことが重要

この方法は、人が話している内容でも、自分の話す内容でもなく
話を聞く周りのリアクションを観察する方法です。

観察する余裕がなければメリットは受けられません。

自分の出番が来るまで緊張してしまい、周りを見る余裕もない・・・
という方もいるでしょう。

余裕がなくなるのは、自分の発言に自信がないためです。
自信をつけるためには、事前の準備を徹底し、
自信がない要素を排除しておくことが大切
です。

自己紹介のように突然発言を求められた場合は難しいですが、
想定しているケースはすべて事前に日取りも内容も決まっているケースです。

そのため、準備する期間もあるため、
本番までの時間をしっかり有効活用していきましょう。


誰にも知られず1人こっそり出来る効果的な人前で緊張しない方法があります

今すぐに出来る人前で緊張しない方法についてご紹介してきました。

人前で緊張してしまうのには原因もあり、理由もあります。
そのため、対策をしっかり取ることで緊張もほぐれ、普段と変わらない精神状態で臨むことが可能です。

いくつかの緊張しない方法をご紹介してきましたが、
自宅で出来る効果的な人前で緊張しない方法があります。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の1人で出来るトレーニング法とは?

あなたも、人前で緊張しなくなって、
堂々と人と話せるカッコいい人間になりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ