人前で緊張してしまう悩みは「誘い水」を使って克服せよ!


人前でどうしても緊張してしまうあなたへ。
何度、話の練習を積み重ねても人前に立つと緊張してしまう。

人前で緊張してしまうのは、あなたが必要以上に話さないといけないと
自分でプレッシャーをかけているために起きます。

さらに、話す内容もちゃんとしないといけない、
立派なためになる話をしないといけない。

など自分の首を絞めてしまいさらに緊張を助長する結果につながります。

ここでは、そんな人前で緊張してしまうあなたに
緊張の悩みを解消する「誘い水」の使い方と
人前で緊張しない方法をご紹介したいと思います。


話の誘い水で会話の主導権を握ろう!

誘い水とは、相手に話をさせるきっかけを提供すること。
上手に自己開示しながら相手が話しやすい環境、状況を作ることが誘い水の最大のポイントです。

・自分から話しを広げることができない
・話題も見つからず沈黙が続いてしまう

そんな時に誘い水を使うと効果的です。


少しの自己開示で話しやすい状況を作る!

誘い水は、あなたの少しの自己開示で構いません。
笑い話や経験した話、恥ずかしい話、天気の話でも構いません。

相手が話しやすい環境を提供すること、
話しのキーワードを提供することが出来れば誘い水は成功です。

かしこまった、小難しい話はかえって逆効果です。
相手も分からない話を自己開示しても話すことはできず、
会話が成立しません。むしろ、会話しづらい相手だと思われその後会えなくなるかもしれません。

一般的な、誰もが知る話題を提供することが大切です。


上手な誘い水には観察力が大切!

誘い水を活用する際は、相手が何を話したがっているのか、話を聞いて欲しいだけなのか、
アドバイスを求めているかなど、相手のニーズを汲み取る観察力が大切です。

ただし、自分の話が長いと、相手が話をするタイミングを
なくしてしまい逆効果になることもあるため気を付けた方がよいです。

・小難しい話はしない
・自分の話を長くしない
・相手が求めるニーズを観察力から汲み取る
・誘い水はキーワードを散りばめる程度でよい

誰でも今日から実践できる簡単な方法です。
慣れてくれば、自然と誘い水が出来るようになります。

最初は親しい友人から実践し、
次第に会社の中や学校でも実践してみて、失敗もあるかもしれませんが、
実践なくして成功なしの精神でトライすることをおススメします。


自宅で1人こっそり出来る人前で緊張しない方法があります

会話に困った時の誘い水の活用と方法についてご紹介してきました。

少しの自己開示で話は広がり、注意点を守れば
誰でも簡単にできる方法であるため実践をおススメします。

それでも、人前で緊張してしまう、誘い水が使えないあなたへ。
自宅で1人こっそり出来る人前で緊張しない方法をご紹介します。

わずか1日3分の元アナウンサーが提唱するトレーニング法とは?

あなたも、緊張したら誘い水を活用して、
会話を心から楽しみたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ