人前で緊張状態を作る3つの問題点とは?


普段の日常生活の中で緊張することはほとんどないが
人前に立つと緊張してしまう、ケースはいくつもあります。

なぜ人前に立つと緊張してしまうのか?
この違いについて考えたことはありますか?

人前で緊張してしまう問題点には大きく3つが考えられます。

この問題点について、フォーカスし
理由と人前で緊張しない克服法をご紹介したいと思います。


人前に立つ経験値が足りない

まず、最初に考えられるのが、「経験値が足らない」という考え方。

日常生活において緊張しないのは、
普段からその生活を送っており、その周りに暮らす人たちとも
親しい中、顔見知りの間柄が形成されているため、
慣れていることから緊張はまず起きません。

親の前で緊張することはまずないと思われます。
(怒られた時や感情的になっている時は話は別です)

一方、人前に立つ経験は、普段から行ってはいないため
慣れていないことから緊張してしまう、ことが考えられます。

そのため、人前に立つ経験値を積むことで
緊張は克服に近づくことができます。


練習をしないで本番に臨む

次に、人前に立つ経験値は積んでも、
人前に立ってやること、目的が果たせなかったらたちまち緊張してしまいます。

つまり、準備不足のまま本番に臨むとよい結果は得られず、
どこかで失敗や恥が起きて、緊張が起きてしまいます。

本番で問題なく目的を遂行するためには、
事前の準備が必須になります。

この事前準備が十分に出来ているかによって
本番の完成度は変わってきて、緊張の度合いも変化します。

本番でつまずいて、何が言いたいの?と相手に思われると
たちまち緊張してしまいます。

人間は、相手からの評価を非常に気にする生き物。
評価が低いように見られると緊張という生理現象が起きてしまいます。

必ず本番に臨む事前準備は欠かさず行いましょう。


原因相手説で考えてしまう

緊張してしまう原因は相手にある、と被害妄想をいだき緊張するケースです。

例えば、人前で立った際、話が詰まったり、スムーズに進行することができず
聞き手が人の話を聞かない、うわの空、笑いが起きる、など
聞き手(相手)のことが気になり、話を聞いていないと勘違いを起こすケースがあります。

しかし、大抵のケースは、先にも述べたとおり、相手はあなたが思っているほど
気にしていなければ、少しの間違いも気づきません。

気にするのはあなただけです。

相手のことを考えるあまり、あがってはいけないと思い詰めない、
緊張してはいけない、と思ったら自分に暗示をかけてしまい、余計に緊張してしまう。

常に、余裕のある立ち振る舞いが必要です。


人前で緊張しない、あがり症を克服する方法があります。

人前で緊張する原因には3つあることをご紹介しました。

どれも、練習や考え方を少し変えるだけで今までの捉え方が180度変わります。
それほど、基本的なことであり、誰でも簡単に取り組める克服法です。

では、具体的な克服法の取り組み方についてご紹介します。
わずか1日3分の自宅で簡単に出来る克服法。

あなたも、人前に立っても緊張しない体質を手に入れて、
今までの人生を180度変えたいと思いませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ