緊張して声の震えを直したいあなたへ


緊張して声が震えてしまう人は結構多いと思います。

  • プレゼン中緊張して声が上ずってしまう
  • 大事な告白、緊張して声が震えかっこ悪い思いをした
  • 大勢の前では必ず声が震える

声の震えを直せたら上手くいった場面がいくつもあると思うかもしれませんが
そもそも、なぜ声は震えるのか、思ったことはありませんか?

緊張しているから。
これは根本的な原因とは違います。

声の震えの原因から、
人前で堂々と話す方法までご紹介したいと思います。


声の正体

まず、「声」はどのようにして発声されているのか。
そこからご説明します。

声の正体は「息」です。

まず、相手の声が聞こえるメカニズムは、
相手の発した息が、空気を振動させ、
空気の振動が鼓膜を振動させ「声」として聞こえます。

では、自分の声はどのようにして聞こえているのか。
それは、吸った息が肺に入り、出てくるときに息=声になります。
つまり、声を出すことは息を出すことになります。

声を出すためには、息を意識する必要があり、
大きな声を出すためには、それだけ多くの息を吸う必要があります。

まずは、声は息だと意識しておいてください。


声が震える原因

声は息だとご説明しました。
ここで1つ質問ですが、普段から声が震えることはありますか?

大抵は声は震えず、問題なく出ると思います。
緊張する場面のみ声は震えたり、上ずったりすると思います。

普段は声は震えないが緊張したら震える。
緊張と声の震えは何か関係しているように思えますが、
しかし、緊張する人でも「あること」を意識していて声は震えることはありません。

この「あること」とは何かと言いますと
緊張する場面でも、息を整えながら話を進めています。

つまり、しっかり息を吸っているということなんです。

声が震える人の典型は、緊張のあまり、息がしっかり吸えておらず
声を出しているようで、実は喉を使って声を出していることが多々あります。

声が震える原因は、緊張のあまり呼吸が浅くなって、
息をしっかり吸えておらず、喉を使ってしまっていることが原因と考えられます。

喉だけで声を出そうとすると震えてしまいます。


緊張で声の震えを克服し人生を豊かにする方法

声の正体、声が震える原因についてご説明しました。

声の震えを克服するためには
しっかり息を吸って、呼吸を整えながら話しを進めることが効果的
とされますが、
実は、1日3分の自宅でできるトレーニングでこの震えを克服する方法があります。

あなたも、緊張しない方法をを実践して、人と会話を楽しみ、
今までにない充実した日々を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ