人前で緊張しない方法は聞き手の中から「聞き上手」を探し出すこと


・プレゼン、スピーチをいくら経験しても人前に立つと緊張してしまう。
・自分は病気なのかと悩んでしまう

緊張することは病気ではありません。
誰にでも起こる、生理現象、身体症状のようなもの。

しかし、緊張する度合は人によって異なります。

一度経験したら緊張しない人もいれば、
何度経験しても緊張してしまう人もいます。

では、この違いはどこにあるのでしょうか?

この記事では、人前で緊張する人、しない人の違いと
人前で緊張しない方法についてご紹介していきます。


「緊張する人」、「緊張しない人」の違いは「聞き上手」にあり!

プレゼンやスピーチでは、大抵大勢の前で話すことになります。

「大勢」と聞いただけで、緊張してしまう人もいるでしょうが、
大勢だろうと緊張しない人は緊張しません。

それは、緊張しない人に向けて話しているから。
つまり、聞き上手な人を探して話していることが分かりました。

たった、この聞き上手を探すという、
これだけの違いで緊張をセルフコントロールしています。


一番聞いてくれている人「聞き上手」な人に向けて話すこと

何人いようと、話を聞いてくれている人、聞き上手な人に
向けて話すようにすると心は落ち着きます。

一方、聞いていない人、聞き下手な人に話すと、

・私の話はつまらないのか
・なぜ聞いてくれないのか

話しながら不安が募り、話すことの集中できなくなります。
結果、緊張が高まってしまいます。

そのため、大勢の中から、必ず聞く上手な人は1人はいます。
その人は、話の中で探し話すことが緊張しないコツになります。

過去、スピーチの場であなたが聞き手の時、
話し手がやたらと私に話しかけてくる経験はありませんか?

ある場合、それはあなたが聞き上手だということ。
話し手は、意外にもいろんな人に向けて話してはいません。

しっかり選んで話していることが
注意深く見ていると分かると思います。


誰にも知られず自宅で簡単に出来る人前で緊張しない方法があります

人前で緊張する人、しない人の違いについてご紹介しました。

緊張しない人は、話し方に理由があり、話し方の努力をしています。
違いが出るということは理由があるということです。

この理由を踏まえ、話し方を改めることで
誰でも人前で緊張しなくなることも夢ではありません。

ぜひ実践することをおススメします。

しかし、具体的な方法が分からないという方に、
人前で緊張しない効果的な方法についてご紹介していきます。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の自宅で出来る人前で緊張しないトレーニング法とは?

あなたも、人前で緊張しない、
堂々としたカッコいい人間に思われたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ