人前で緊張する3つの理由とは?緊張は現在、未来、過去まで関係する


人前に立つとどうしても緊張してしまう。
そんな方は多くいると思います。

誰でも緊張はしますが、
気分が悪くなったり、立つことも難しくなることは稀です。

そんな稀な状態になってしまう方は、
「今」の緊張以外にさらに2つの緊張が同時に起きています。

その緊張とは、「過去」および「未来」の緊張です。

この記事では、緊張してしまう3つの理由と
具体的な人前で緊張しない方法についてご紹介していきます。


「今」感じる人前での緊張は3つに分けられる

誰もが緊張している状態は、「今」「現在」です。
一般的には今があるから緊張しますが、
それ以外にも緊張してしまう状態があります。

それが、

・過去トラウマからくる緊張
・勝手に想像して作る未来の緊張

「過去」「未来」の緊張です。

人間は想像力が豊かで、脳の情報処理能力は高精度です。
過去経験した苦い思い出、辛かった経験は記憶として残っています。

さらに、過去のトラウマから今行おうとしていることが
失敗したらまた過去の繰り返しだと、未来を想像する能力があります。

そのため、今起きている緊張以外にも
過去の緊張、および未来の緊張がダブルで重なるため、
人より3倍の緊張を体感していることになります。


「過去」からくる緊張

緊張は、現在の緊張だけのはずが、「未来」「過去」まで想像してしまい
3倍に苦しみが膨らんでしまいます。

過去からくる緊張は、例えば

子供のころ、犬に噛まれてそれ以来、犬嫌い
犬を見ると恐怖心から緊張してしまう

小学校、指名されて説明するも答えは合っておらず
回り方バカにされた気分になり、それ以来指名されることが緊張してします

「今」潜在的に緊張してしまうことは
ほとんどが過去経験した辛かった、恥ずかしい思い出が引き金となって起きます。

その引き金を知らないまま、忘れたまま大人になるケースもあるため、
この場合の緊張を克服するのは難しいとされています。


「未来」からくる緊張

未来の緊張は想像がすべてです。
想像する緊張は意外にやらず嫌いであることがあります。

苦手だと思うもの、悩んでいるもの、恐怖だと感じるもの、本当に悩むことなのか?
立ち止まって、本当に怖いのか、緊張するほどのことなのか、
客観的に見てみると意外に緊張せずに上手くいくこともあります。

例えば、人前でスピーチ、プレゼンを求められ、緊張し始める。

しかし、スピーチでも考え方によっては、
スピーチ時間が3分の場合、たかが3分、あっという間に終わると考えれば
緊張は一気にほぐれると思います。

未来の緊張はあなたが作り出した虚像です。
考え方によって、緊張をほぐすことができます。
すべては考え方次第です。


わずか1日3分の人前で緊張しない方法があります

緊張してしまう、「現在」「過去」「未来」についてご紹介してきました。

過去の緊張は、トラウマからくるものであり、
未来の緊張は、想像によって作り出された緊張です。

過去の緊張を取り除くことは難しいです、
未来の緊張は考え方を変えることでほぐすことも膨らませることも出来てしまいます。

そこで、具体的な人前で緊張しない方法についてご紹介していきます。

誰にも知られず1人で出来る緊張しない方法、
元アナウンサーが提唱する、わずか1日3分のトレーニング法とは?

あなたも、人前で緊張しない方法を会得して、
緊張しないストレスゼロの生活を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ