緊張しない方法!震えを止めたいあなたへ


緊張してしまい体の震えが止まらなくなる経験はありませんか?

  • スポーツ試合前緊張して震えが止まらなくなる
  • 発表会本番、必ず緊張して震えてしまう
  • 車を運転する時も緊張して震えてしまう
  • 人と会話をしていても緊張から震えが止まらない
  • 人の多い場所に出掛けると緊張して震えてしまう

さまざまな場面において、緊張から震えは起きてしまいます。
これはあなただけが発症しているわけではありません。
誰もが経験したことのある現象です。


緊張で手の震えが止まらない

もっともよく起きる震えの1つ。
緊張状態でなくとも震えが起きてしまう時自律神経失調症の恐れがあります。

緊張状態が続く場面において、手の震えはよく起きる症状ですが、
プレゼンやスピーチなどが求められる時、マイクを持たなければならない場合、
この手の震えは聞き手からも分かってしまう震えになります。

このマイクを持っている時に分かってしまう手の震えが
恥ずかしくて緊張を治したい
と考える方は多いのではないでしょうか。


緊張で声の震えが止まらない

動作ならまだしも、発言やコミュニケーションを伴う場面において
声を出さないわけにはいきません。

声が震え、上ずってしまうとすぐに緊張してしまうことが分かってしまいます。
声が上ずったり、噛んで上手く話せなかった経験はないでしょうか。

声が震え上手くしゃべれないことで恥ずかしい思いをした方も多いのではないでしょうか。


緊張で足の震えが止まらない

ずっと立ち続けていても震えは起きてしまいます。
これは緊張ではなく、体の疲れを表すサインになります。

特に長時間立っていないにも拘わらず足の震えが起きる場合は
緊張による震えになります。

昔学校などで先生に怒られ立ったまま説教を食らっている時、
足の震えが止まらなくなった経験はないでしょうか。

足の震えも緊張により起きる現象であり、
普段と比べて歩き方もぎこちなくなってしまいます。


緊張で顔がこわばる

緊張がもっとも人に伝わってしまうのが顔の表情です。
顔がこわばっていると顔の表情筋も固まり、笑うことも出来ず
どこかロボットのようになってしまいます。

聞き手、周りの人からもすぐに「あの人緊張している」と感じとられ
その恥ずかしさからさらに緊張が進み、話すことも何か持つことも
歩くこともすべてがぎこちなくなってしまいます。

この悪循環から抜け出すためには、
緊張しない方法から震えを止める必要があります。


1日3分のトレーニングで緊張から脱する方法があります。

緊張によってあらゆる場面で想定される震えをご紹介しました。
誰もが緊張はしてしまい、震えも起きてしまいます。

この先の人生で緊張しない場面に出会わないことはなく、
常に緊張と隣り合わせにいると言っても過言ではないでしょう。

つまり、緊張から恥ずかしさのあまり目を背けていては
何も解決することもできません。

しかし、この震えはある方法を続けることで
克服する方法
があります。

あなたも、緊張しない方法をを実践して、人と会話を楽しみ、
今までにない充実した日々を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ