初対面でも緊張しない方法


緊張してしまう場面はいくつかありますが、
その中でも特に緊張してしまう、高い確率で誰もが緊張してしまう場面が存在します。

そのうちに1つが、「初対面」です。

人間は初めてやることに対して抵抗感を覚える生き物です。
初対面はその最たるもので、初対面の方に対して
ビジネス上の利害関係や交渉事が発生するとなおさら緊張してしまいます。

ビジネスの上では緊張だからと言って許される訳もなく、
失敗も許されません。

一度の緊張ですべてを台無しにしてしますケースもありますが、
これはとてももったいない。

普段は優秀でも、ここぞという場面、本番では
能力の半分も出しきれず、終わってしまうケースはありませんか?

  • ここぞと時に緊張して欲しくない
  • 緊張しない方法があれば会得したい
  • 今までの緊張する自分とお別れしたい

そんな考えるあなたに緊張を克服する方法をご紹介します。


あいさつ、声掛けは掛けたもの勝ち!

自己紹介や挨拶、声掛けはあなたから行うようにしましょう。

先手必勝という言葉がある通り、
最初に声掛けした方が、緊張はほぐれ、
相手の話を堂々と聞き入れることができます。

ここでのポイントは、元気よく、ハキハキと行うことです。
これが出来るだけでも印象は格段に良くなります。

一方、もごもご声も小さく、何を言っているか分からないのは
完全NGです。やめましょう。

印象は落ちるどころか、自信も感じられず、
少し相手も不安を感じてしまいます。


話のネタは事前に準備しておく!

プレゼン、スピーチでも事前に話す内容や説明を事前に調べ
準備していると思います。

初対面の人に対しても事前に話す内容や話題、ネタを
準備しておいた方が話がスムーズに進みます。

さらには、上手くいけば話が盛り上がりますので
こちらも必ず実践していってください。

初対面で緊張して話せなくなる原因は、
話しが続かないが理由の1つです。

話しが続かないのは話しのネタがないだけ。
事前に作っておけば問題はありません。


相手の喜ぶことをする!

先ほどの事前にネタを準備するという行為で
相手が喜ぶことを準備しておかなければ逆効果です。

何に興味があるのか、趣味は何なのか、
簡単な情報収集で構いませんので、相手の趣向を調べて
それに合わせてネタを準備するようにしましょう。

相手の興味のないことを話しても何の意味もありません。


終始相手フォーカスで考える!

一方的な働き掛けでは、相手は振り向いてはくれません。
話しも盛り上がらず、早く切り上げたくなります。

話をする以上、相手の「時間を奪う」行為にもつながるため
感謝の意を表しながら相手のためになることを常に行いましょう。

そうすれば、相手も心を開いてくれて
自然と会話も続き、いつの間にか緊張もなくなっていることでしょう。


1日3分の自宅でできる簡単なトレーニングで緊張しない方法

初対面での緊張しない方法をご紹介しました。

気を付けるべき点を中心にまとめてみましたが、
根本的な緊張する原因について克服するためにはあるトレーニングを行う必要があります。

元アナウンサーが提唱する
1日3分の自宅で出来る簡単なトレーニング法をご紹介します。

あなたも、初対面でも緊張しない方法を会得して
堂々とした頼られる人間になりたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ