緊張しない方法は体質改善(体作り)から!


極度の緊張は体作りによって克服できることをご存知でしょうか。

  • 緊張して話がつまってしまう
  • 話がつまると周りにバカにされる
  • バカにされたくないから話をしなくなる
  • 誰とも会いたくなくなる

人にとって「緊張」とは切ってもきれない間柄ですが、
その克服ができずずっと悩み続けています。

しかし、この緊張を少しでも抑え
人との会話ができるようになったら、先の将来豊かになると考えたことはありませんか?

緊張を克服する方法はいくつかあります。
その中で、体作りから緊張しない体質に変えることができる方法をご紹介したいと思います。


緊張は体質改善で克服できる!その理由は?

「緊張」と呼ばれる状態についてまずご説明します。
簡単に言うと、興奮状態あるいはテンションが高い時、緊張状態となります。

興奮やテンションが上がると人間の体の中では
「血圧」が上がります。

ひも解くと血圧が上がると、緊張状態となり、
結果人前で話ができなくなる、上手く立ち振る舞いできなくなる。

この血圧を上げないようにする方法を考えた方が近道になります。
つまり、「体質改善」から血圧は下げることができます。


実は肥満の人の方が緊張しやすい

原因は「血圧」になるとご説明しましたが、
肥満の人の方が緊張しやすい体だと言えます。

それは、一般成人より血圧が高いからです。

少し階段の上り下りをしただけでも
肥満の方は息を切らします。
その状態で、プレゼンやスピーチはやれますでしょうか。

体質改善を通して、血圧を下げるのはもちろん
ダイエット効果もあるため、見た目はスタイルが良くなり

緊張もなくなるため一石二鳥です。


自宅で出来る簡単な体質改善 呼吸法

ここでは、体質改善に効く簡単な方法をご紹介します。
それは、「腹式呼吸」を取り入れるということです。

呼吸法には、「胸式呼吸」と「腹式呼吸」があります。
普段、胸式呼吸を行うのが一般的で、腹式呼吸は意識しないとできません。

胸式呼吸とは、簡単に言うと「肺」で息をする呼吸法。
そのため、肩があがり、それに合わせ筋肉も使うため緊張してしまいます。

一方、腹式呼吸とは、肺の下あたりにある「横隔膜」が息を吸うと下がり
全てを吐ききる動作になり、肩などに負担がかからないため緊張しないのが特徴です。

呼吸法の違いによっても、体が緊張してしまう方法を普段から取り入れてしまっているため
意識するだけでも体質改善につながることができます。


腹式呼吸の効果

さらに、「腹式呼吸」にはいくつかの効果があります。

・自律神経の乱れを治す効果がある
・ポジティブな気分のなれる

腹式呼吸は自律神経を刺激する働きがあり、
自律神経を調整することで、体中の緊張状態、乱れを治す効果があると言われています。

結果、潜在的な深層心理にも働きかけ、ポジティブな気分を得ることができます。


1日3分の自宅で簡単なトレーニングで緊張しない方法

緊張の引き金となる血圧を下げる呼吸法についてご紹介してきました。
基本、運動や意識して行う必要があり、普段から取り入れることで効果を発揮しますが、

それでも、続かなかったり、忘れてしまうことがあると思います。
しかし、1日3分の自宅で簡単なトレーニングで緊張しない方法があります。

元アナウンサーが提唱するあがり症を克服する方法。

あなたも、体を整え緊張しない体質に改善し、
堂々と話しができる豊かな人生を送りたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ