人前であがってしまう人の悪い特徴とは?場の空気を壊さないことが大切


人前に立つと必ずあがってします。
あがってしまう人にはある特徴があります。

さらに、必ずあがってしまう人には
ある悪い特徴が傾向としてみられます。

しかも、悪い特徴には自分では気づいていないのがほとんどです。
つまり、気づかないまま人前であがってしまっていることになります。

この記事では、人前であがってしまう人の悪い特徴と
あがり症を克服する方法についてご紹介していきます。


あがってしまう人の悪い特徴とは?

人前であがってしまう人のほとんどが
自分で自分の首を絞めるケースが散見されます。

それは、人とのコミュニケーションが上手く取れておらず
本人は取れていると思っていても、周りは気まずくなっている。

そして、周りは本人から遠ざかるように去っていく。

しかし、本人は必死に修復しようとしても時すでに遅し。
すべてはあがり症のせいだと責める。

つまり、「勘違い」からくるあがり症のケースも想定されます。

コミュニケーションの不一致により引き起こされる
あがり症は、まずは本人に気づかせることから始めましょう。


場の空気を壊さず溶け込むことが大切

コミュニケーションの不一致の代表格が
「場の空気」を読めないということが考えられます。

コミュニケーションを取る場合、
その場の空気に溶け込むことが何より大切です。

溶け込めばその場の空気をリードすることができる。
しかし、溶け込まないうちにリードしようとすると浮いてしまいます。

壊さないためにも、まずは人の話を聞く事から始めましょう。

自分は話すのが上手だと思っている人は、話過ぎてします。
話し上手だからその場をリードしようとして、逆に壊してしまうこともあります。

自信がなさ過ぎてもいけない、自分は話がうまいと思い過ぎてもいけない。


場の空気を壊さないために話す事より聞く事に徹する

話すことより聞く事の方が大切です。
しかし、ただ話を聞くだけでは何の成長にもつながりません。

上手い人の話を聞いた時は、自分の引き出しを増やす努力をします。
引き出しを増やせば、相手も活かし、自分も引き立つ方法を見出せます。

そして、人前であがらない方法まで見出すことも可能です


悪い特徴の解消は会話の文脈を読み取って、関係ない話をしない

さらに、コミュニケーションでは、「話の文脈」が常に存在します。

会話を面白く展開していくためには、その場の会話に関係ない話はしないことです。
その時の文脈を読み取り、共感することが大切です。


誰にも知られず1人こっそり出来る人前であがらない方法があります

人前であがってしまう人の悪い特徴についてご紹介してきました。

あがってしまう人は、本人が自覚していない間に
周りの人間が遠ざかり、すべてあがり症のせいだと決めつけることから始まるケースがあります。

この問題を解決するには、気づいていない本人に気づかせるか、
気づいている場合、そのあがり症の克服法について実践するのみです。

気づいている前提で、あがり症を克服する効果的な方法をご紹介します。

元アナウンサーが提唱する、
わずか1日3分の自宅で出来る人前であがらないトレーニング法とは?

あなたも、あがってしまう特徴を克服して、
良好な人間関係を常に築きたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ