あがり症対策に効く5つの方法


あがり症で悩んでいるあなたへ。

あがり症は事前の対策なくして克服することは難しいです。
その対策が分からないという方に向けて、
対策の5つの方法をご紹介します。

この対策さえ押さえていれば、意識するだけでも
あがり症はぐっと楽なものになります。


あがりにくい体作りに励むこと

まず、最初に基本となるあなた自身の体質の話。
体質を改善することであがり症を和らげる効果を得ることができます。

あがり症は、いくつかのうち人間の自律神経の作用によって起きます。
つまり体質が異常、バランスが取れていないなどの不調の場合、起きてしまいます。

体質を整え、いつも通りの自分を演じるには日頃から体質を気にする必要があります。

体質を改善する代表的な2つのことをご紹介します。


体質改善には肉体を鍛える

体の不調は精神も衰えさせ、あるべき自信も失わせるもの。
ストレッチや運動などをすると気分がすっきりすると思いますが、
この気分転換は体にとてもよい作用を働きかけます。

さらに、肉体を鍛えることで体内の代謝がよくなり、
自律神経を整え、あがり症に効くと言われています。


体質を改善する呼吸法

もう1つの体質改善は呼吸法です。
呼吸も体質を整えるなくてはならない生理的現象。

あがり症が起きると呼吸がしづらくなる経験はありませんか?
それは、緊張によって筋肉が強張り、呼吸する動作に
一定のブレーキがかかってしまっているため。

日頃から深呼吸をしたり、
お腹で息する腹式呼吸を取り入れるなど
日々の改善だけでもあがり症は楽なものに生まれ変わります。


緊張しないための環境づくりをすること

ここでの環境は、あなたを中心として周りを取り巻く全てです。

代表的なのが、コミュニケーションを取る、もっと言うと根回ししておくことです。

あがり症が起きるケースで、プレゼンや発表など
特定の場面においてあがり症が起きてしまう場合、
そのプレゼンの席で出席する「相手」と仲良くなっておくことで
プレゼンは相当楽なものになります。

あがり症になってしまう原因の1つに、面識のない相手に対して
話をするというのがあります。

これは、面識がないため、相手の情報も分からず不安になり、
失敗は許されないというプレッシャーの中、話を進めないといけないため
次第に緊張が高まり、あがり症が起きてしまいます。

この対策として、
相手と事前にコミュニケーションを取っておくことが大切です。
簡単な自己紹介でも構いません。

さらに上級者向けとして、
プレゼン内容について事前に承諾を得るという「根回し」も有効です。

慣れないうちは、簡単なコミュニケーションを取れるように
意識しましょう。


他人の評価を気にしないこと

人間は他人の評価を特に気にします。
しかし、あなたが考えるほど相手は何も気にしていないというのがほとんどです。

気にするのはあなただけ。
本番での気分転換できるかが大切です。


どれだけ緊張しても自然と言葉が出るほど練習すること

つまり丸暗記になります。

丸暗記について賛否両論ありますが、
一時的な場面においてあがり症を対策したいという時、

例えば、結婚式でのスピーチや何かの講演会での演説など
今後起きず、一時的に行う必要のある場面において
対策しておきたいという時に有効です。

スピーチの途中で詰まり、焦って頭が真っ白になり
どこまで話したかさえ忘れ、メモも持ってきていないから話すことができなくなり
恥ずかしい思いをした。など

この場合は、話す内容を丸暗記しておくことをおススメします。
丸暗記をすると、自然と言葉が口から出る感覚を覚えます。

さらに、丸暗記した内容とは違う内容についても
話すことができるようになります。
これは、余裕が生まれるためです。

丸暗記することに悪いことはありません。
最終手段は丸暗記だと思いますので、ぜひ試してみてください。


誰にも負けない専門知識を知る、身に付けること

これは無理やり身に付けることは難しいですが、
専門知識がある、ないで相当差が生まれます。

人間は専門的なことについては自信が生まれ、
何でも話せる上に、話したくなるものです。

専門知識をひけらかすと相手に不快な思いをさせるため
気を付ける必要がありますが、人との会話の中で
沈黙が続いたり、何を話したらいいか分からなくなった場合に有効です。

「専門知識」と聞くととても頭がよくないと話せないとイメージですが、
専門知識=趣味の話が出来ればそれも専門知識です。
相手が知らないことを教えてあげるのもためになる1つです。


1日3分自宅で簡単にできるあがり症克服法

あがり症対策に効く5つの方法についてご紹介してきました。

あがり症が起きる原因にはさまざまで、それぞれに効く方法を
ご紹介してきましたが、そのほとんどが一時的なものであり
根本原因に効く対策にはただりつけていません。

しかし、1日3分自宅で簡単にできるあがり症克服法があります。
元アナウンサーが提唱するあがり症対策から克服法まで。

あなたも、あがり症を克服して、
人生を豊かにする方法を手に入れたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ