話し下手を克服するには雑談の達人を目指そう!


話し下手でいつもあがってしまう。
大事な局面になるといつも緊張してしまう。

話し下手で損した回数は何度あるか。
話し下手でなかったらどれだけ幸せでいられたか。

かといって、お話教室に通ってすぐに話しが上手になれるかと言ったら
そんなことはなく。何度か経験を積まなければ、上達はしない。

さらにただ話すだけでは今までと何も変わらない。
変わる方法も分からない。

そんな日頃の話し下手に悩まされる方に
話し下手を克服する方法からあがり症、緊張しない方法までご紹介したいと思います。


話し下手だと悩む人の特徴とは?

まず、話し下手になってしまう原因について考えてみます。

話し下手だと悩む人はどんな人なのか。
そもそも、話し下手だと悩むこと自体ごくわずかだと考えられます。

それ以外の人は特に気にもしなければ、
自分が話し下手だと考えることすらしません。

と考えると、話し下手だと悩む人は
とても「真面目な人」である確率が高くなります。

話し下手の原因は、
「話は真剣であるべき」や「意味のある話でなければならない」といった
堅苦しい思い込みがあるため、引き起こされることが考えられます。

しかし、ビジネスシーンで目的や用件を伝え合うだけの関係、
商品説明をして契約の判断をもらうだけの関係だったら
お互いに距離ができて、関係は確実にクローズしていきます。


全ては「雑談」から話しは始まる

例えば、友人と会った時、目的ある話をするでしょうか?
大抵は何も考えずに会って他愛もない話ですると思います。

この他愛もない話、これは「雑談」が話のほとんどです。
女性がカフェに集まって女子会をする時でも話のメインは雑談です。

つまり、全ての話は雑談から始まります。
会社で上司とエレベーターなどでばったり居合わせた時、
今日は天気がいいですね。などから話しを掘り下げるのがポピュラーです。
いきなり、話の本題から話し出すことはまずないと思います。


雑談力を鍛えよう!

人は感情に左右される生き物です。
ビジネスライクな関係であっても、その根底にはハートフルな感情が流れています。

そのハートフルな部分の懸け橋になるのが雑談力です。
一気にリラックスモードにする想像以上の効果を秘めています。

真面目な人ほど雑談が疎かになる傾向があるため、
堅苦しい思い込みは捨てて、気軽に何気ない会話から始めましょう。

雑談力を鍛えることで、今まで話が続かなかった、沈黙が続く、
恐怖からも解放されます。


わずか1日3分の話し下手、あがり症を克服する方法

話し下手に悩める人の特徴から雑談力の重要性についてご紹介してきました。

日常の中で感じる事、思うことを素直にするだけでも
「雑談」は成立します。

その感じたことが相手にとっても同じ境遇であれば
すぐに打ち解けあうことができます。

しかし、雑談力を鍛えても、上手く実践方法が分からない、
あがり症を克服することができないといった方に
元アナウンサーが提唱する話し下手、あがり症克服法をご紹介します。

わずか1日3分の自宅でできる簡単なトレーニング法とは?

あなたも、話し下手を克服して、
他愛もない話から日々の幸せを感じたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ